太陽光発電地域情報の最新情報ブログ

山梨県の太陽光発電設置補助金

2010年01月01日(金)

このブログにおける山梨県の話題は県内に建設される(た)メガソーラーの話題が主だった。今日の話題は県の太陽光発電設置補助金について。読売新聞サイトの山梨版12月27日記事「太陽光発電、企業も補助県が来年度から家庭向けは継続」から一部を引用する。

太陽光発電の設置について、横内知事は26日、来年度から企業を対象とした補助制度を新たに設けることを明らかにした。また、県が今年度実施している、一般家庭への補助制度を来年度も継続する考えを明らかにした。

知事は太陽光発電の設置を進める「ソーラー王国やまなし」を打ち出しており、来年度も本格的に取り組む姿勢を示した形だ。

横内知事が同日、読売新聞の取材に対し、「来年度は企業の太陽光パネルの設置や、省エネなど地球温暖化対策のための設備の改善にも支援措置を講じたい」と述べた。補助制度の対象となる企業は、二酸化炭素の排出抑制に取り組んでいる事業者が対象になるとみられる。

また、「(一般家庭の補助は)来年度もやる」と明言し、「住宅の太陽光パネルの設置率を全国1位にしたい」とも語った。補助の方式の変更や、補助額の上乗せなどについては今後、調整する。

県環境創造課によると、現在の県の太陽光発電の補助制度は、一般家庭がローンを組んで設置した際、利子分を10万円を上限に補助する。予算は380件分(3800万円)で、補助の申請件数は予算分をほぼ達成したという。(C)読売新聞

この記事の要点は2つ。山梨県の来年度の太陽光発電設置補助金は企業も対象とすることと、来年度も一般家庭への補助を継続する、ということだ。

企業への太陽光発電設置補助金は県レベルとしては珍しい。

また一般家庭への設置補助金も継続、とのことだ。ただこの補助金は、10万円を限度とする利子補給だ。今年度の予算規模は3800万円とのことなので、県レベル補助金としては小額だ。

記事によれば山梨県知事は太陽光発電の設置を進める「ソーラー王国やまなし」というキャッチフレーズを推進しているようだが、しっかりした予算措置があっての「ソーラー王国やまなし」と思う。もしソーラー王国を目指すのなら数億円規模の太陽光発電設置補助金予算を講じるべきだろう。


QLOOK ANALYTICS