横浜市特別養護老人ホームに太陽光発電設備が設置

特別養護老人ホームに太陽光発電

2011年05月01日(日)

福祉施設、それも公的ではない福祉施設への太陽光発電設備の導入例は意外に少ない。このブログでも昨年3月23日記事「福山市の介護施設の太陽光発電」で紹介した程度だ。今日の話題は、かなり古いニュースで恐縮だが、特別養護老人ホーム施設への太陽光発電設備の設置の話題だ。昨年2010年3月28日の神奈川新聞のカナロコサイト記事「特養ホームに太陽光発電システム設置/横浜」から一部を引用する。

社会福祉法人孝楽会(梅沢健治理事長)の特別養護老人ホーム「けやき荘」(横浜市神奈川区菅田町)に太陽光発電システムが設置された。発電量は最大で年間約63キロワットで、約20トンの二酸化炭素排出を抑制できる。同ホームによると、特養ホームでは関東で最大規模の発電量という。

同ホーム創設10周年の記念事業の一環。屋上に350枚の太陽光パネルを設置し、発電量は同ホームで使用する電力の約1割に当たり、年間約70万円の電気代削減につながる。災害時には緊急用の電力として代用したい考えだ。
...(C)神奈川新聞

特別養護老人ホームはどこも経営が苦しい。かつての小泉改革、ではなく「改悪」により福祉予算ばバッサリ切り捨てらたため、国の補助金頼みの特別養護老人ホームは経営が非常に大変なのだ。かつ法の規制で職員の最低人数を確保しなければならないが、職員の在籍年数は短く、ということは職員確保のため人件費もかかる、ということでこれも経営を圧迫している。経営がまあまあうまく行っている施設は、他に有料老人ホームを経営しているところが多い。特別養護老人ホーム単独では経営は苦しいのだ。ということで、特別養護老人ホーム単独で太陽光発電設備を導入する事例は大変稀、ということになる。今日の事例はその大変稀な例なので、古い記事であるがご紹介する。

横浜の特別養護老人ホームけやき荘に太陽光発電設備が設置された。この出力は63キロワットで、その記事の時点では特養ホームの太陽光発電設備としては関東で最大規模、とのこと。この出力ならそうだろう。

太陽光パネルは屋上に350枚設置した、とのことだ。計算すると、太陽光パネル1枚当たりの出力は0.18キロワットだ。ということは、まあ標準的なシリコン系太陽光パネルと予想できる。

なおこの太陽光発電設備による電力は同ホームの使用電力の1割に相当し、年間70万円の電気代を節約でき、また、年間20トンの二酸化炭素排出を抑制できる、とのことだ。ということは、この特養ホームではいままで年間約700万円も電気料金を支払っていた、ということだ。金額の多さに驚かされる。


QLOOK ANALYTICS