水戸浄水場に大規模な太陽光発電設備が完成

浄水場の大規模な太陽光発電設備

2011年07月21日(木)

今日は茨城県那珂市の話題。東京新聞サイトの茨城版7月15日記事”「メガソーラー」始動”から。

那珂市の県中央水道事務所に、大規模な太陽光発電設備が完成し、十四日から本格的な運用が始まった。最大出力は千キロワット(一メガワット)。同事務所がある水戸浄水場の昼間の電力をまかなえるという。

約一・四ヘクタールの敷地に縦九九センチ、横一五〇センチのパネルを四千八百枚並べた。一枚あたりの発電量は二百八ワット。送水ポンプの運転などに利用する。昼間の電源代替効果は、水道事業を主に所管する県企業局全体の電力量5%に相当するという。

県の浄水場ではこれまでに二カ所に太陽光発電設備を設置。水戸浄水場も同規模の五十キロワットとする予定だったが、自家発電機がなく東日本大震災で約二十時間停電した教訓から、大規模な設備に変更した。事業費は約四億七千万円。
...(C)東京新聞

茨城県那珂市の水戸浄水場に大規模太陽光発電設備が完成した。出力は約1メガワットと、浄水場設置としては大規模だ。この出力は、同浄水場の昼間の電力を賄える、とのこと。実際、この出力は送水ポンプの運転などに利用する。

当初は出力50キロワットの予定だったが、東日本大震災の停電を受けて大規模な設備に変更した、とのことだ。

外観は画像のとおりだ。30度程度の傾斜で隙間無く太陽光パネルが設置されている。この太陽光パネルのサイズは、0.99m×1.5mとのことなので、1枚当たりの面積は約1.5平方メートルと、標準的なサイズだ。また1枚当たりの出力は0.208キロワットとのことなので、単結晶シリコン型の太陽電池による太陽光パネルと思われる。

この太陽光パネルを計4,800枚使用したとのことなので、総出力は厳密には998.4キロワットとなる。まあ、1メガワットと称して問題ない。

浄水場は広い敷地が必要なのでその広い面積を生かして、全国の浄水場に大規模な太陽光発電設備が今後設置されるだろう。


QLOOK ANALYTICS