太陽光発電地域情報の最新情報ブログ

太陽光発電を備えたマンション

2010年02月07日(日)

アパートに太陽光発電の話題は聞いたことがあるがマンションには聞いたことが無かった。今日はその話題。2月3日付の朝日新聞サイトの住宅新報社記事「世田谷のマンションで太陽光発電を導入 東急不動産他」から一部を引用する。

東急不動産と阪急不動産はこのほど、東京都世田谷区等々力で開発中の環境配慮型マンション「ブランズ・ジオ 等々力」に、太陽光発電を導入すると発表した。

屋上に約7キロワットの太陽光ソーラーパネルを設置。発電された電力は、エレベーターや共用部の一部に電力供給する。
...
地上10階地下1階建て。総戸数は134戸。間取りは2LDKから3LDK。11年1月中旬に竣工予定。 (C)住宅新報社

さすがに設置する太陽光発電は出力7キロワットで一般家庭2軒分程度と小さく、共用部分の一部への電力供給にしかならない。もしマンションの全世帯へ太陽光発電による電力を供給しようとすると、たとえば100世帯のマンションの場合、300~400キロワットの能力が必要となる。間を取って350キロワットとすると、通常の0.2キロワット出力の太陽光パネルが約1750枚も必要になる。1枚の面積が1.5平方メートルとすると、必要な面積は2625平方メートル、つまり約51メートル四方の面積となる。屋上にこれだけの広さのあるマンションはそうはないだろうし、もしあったとしても室数は100室を超えることは容易に想像がつく。つまりマンションではその屋上に全戸数の太陽光発電パネルを設置することはかなり困難、ということになる。


QLOOK ANALYTICS