東京都の太陽光発電補助金はなんと1kW当たり10万円

東京都の太陽光発電補助金が再開

2011年06月21日(火)

東京新聞サイトの本日、6月21日記事「太陽光発電の補助再開 都、震災受け きょうから募集」から一部を引用する。

都は二十一日から、住宅の太陽光発電導入の補助事業を再開する。昨年度でいったん取りやめていたが、東日本大震災を受け、電力確保のために再度、普及に力を入れる。

対象は、都内の一戸建て住宅やマンションなどに太陽光発電を設置する個人や法人。百万円を上限に、発電能力一キロワット当たり十万円を支給する。一般的な一戸建てのシステムの場合、発電能力は三キロワット程度。国や区市町村の補助金をもらう場合でも、併せて支給を受けられる。

二酸化炭素(CO2)排出削減の観点から都が二〇〇九~一〇年度に実施した補助事業では、約二万件の利用があったという。今回の補助は一二年度まで。都は「太陽光発電に関する問い合わせが増えており、関心が高まっている」とし、三万九千件の利用を見込んでいる。
...(C)東京新聞

東京都が太陽光発電設置補助金の制度を再開した。この補助金は昨年度で終了していたが、震災後の電力確保のため再開した、とのことだ。少し詳細な情報は、東京都のホームページ「東京都電力対策緊急プログラム 住宅用太陽光発電システムの補助事業の受付を開始します」にある。受付開始は本日、6月21日だ。

補助金額は驚く無かれ、1キロワット当たり10万円だ。これは自治体の補助額としては破格の高価格だ。

ただ、引用した新聞記事や都ホームページには補助金の上限は書かれていない。対象は一般家屋のみならず集合住宅や法人も可、とのことなので、各々の上限があるはずなのだが。

引用記事によれば、この補助や来年度、2012年度までで、計3万9千件の利用を見込んでいる、とのことだ。

もし5キロワットの太陽光発電設備を新設するとき、都からは50万円もの補助金が得られる。他に国や区市町村の同補助金との併用も可とのことなので、設置者の負担額はかなり少なくなり、売電で元を取るまでの年数もかなり短くなることが予想できる。

都民の皆さん、この補助金を貰って太陽光発電設備を設置しましょう。


QLOOK ANALYTICS