太陽光発電地域情報の最新情報ブログ

栃木県の来年度の太陽光発電予算

2010年01月23日(土)

今日は栃木県の話題。昨年11月14日の当ブログ記事「栃木県の今後の戦略」で、栃木県が目指している”家庭での太陽光発電設備の導入量を10年後に現在の20倍とする目標”を達成できるかどうかは県の予算措置にかかっている、と書いた。その栃木県の太陽光発電設置補助金の予算が今日の」話題だ。読売新聞サイト栃木版1月20日付の記事「太陽光発電 補助世帯倍増へ」から一部を引用する。

(栃木)県は新年度、一般住宅が太陽光発電設備を導入する際の補助金の対象世帯(件数)を今年度の2倍の2000件に増やす方針を固めた。事業費2億4000万円を新年度予算に盛り込む予定で、環境に優しい太陽光発電の普及を後押しする。また、太陽光発電設備の設置費用を低利で貸し付ける制度の融資枠も、今年度当初予算より倍増させて2億円とする方針だ。
...
新エネルギー導入促進協議会によると、08年度末時点の県内の一般住宅の太陽光発電システム導入件数は約1万件で、全国17位。県は「とちぎ環境立県戦略」で、家庭での太陽光発電設備の導入量を10年後に現在の20倍とする目標を掲げている。(C)読売新聞

前記ブログ記事によれば、栃木県の今年度の太陽光発電の設置補助金の予算額は1億2千万円。しかし2010年度はその倍の2億4千万円を予算に計上するそうだ。また栃木県には太陽光発電設備の設置費用を低利で貸し付ける融資制度があるが、これも倍増して2億円の予算とする方針だ。

ということで、栃木県の10年後20倍目標に栃木県は「本気で」向かっている、と言える。


QLOOK ANALYTICS