集光型太陽光発電システムの実証実験が岡山市で始まり1年を経過

集光型太陽光発電システムの実証実験

2012年01月01日(日)

12月31日付の山陽新聞サイト記事「岡山・京山の太陽光発電1年 日米共同プロジェクト着々」から。岡山市の話題だ。

岡山市・京山で、産業技術総合研究所(産総研、本部・東京)などによる集光型太陽光発電システムの実証実験がスタートし、1日で1年を迎える。

米国の比較施設と合わせ、年間データを蓄積。高効率太陽電池の開発・普及を目指す日米共同プロジェクトが着々と進んでいる。

京山では今年、太陽光電力を利用した両備ホールディングス(両備HD、岡山市)の植物工場も完成。2012年は「晴れの国・岡山」で環境、エネルギー、食料問題など世界的課題の克服に向けた挑戦がさらに加速しそうだ。(C)山陽新聞

この記事、冗長な大新聞記事とは異なり、コンパクトによく情報をまとめた記事と思う。

さてこれは、岡山市の産業技術総合研究所による集光型太陽光発電システムの実証実験が今日でちょうど1年になる、という記事だ。

この実験、実に興味深い。その集光型太陽光発電システムは写真のとおりだ。この写真からは厳密な角度はわからないが、太陽光の集光装置は垂直に立っているように見える。

そこでこの実験設備について、産業技術総合研究所ホームページを調べた。それによれば、この特徴は次のとおりだ。

  1. レンズにより太陽光を500倍以上の強度に強める。
  2. 小面積で超高効率の多接合型太陽電池で発電するため効率が良い。
  3. 太陽を追尾する装置も付属している。
  4. この岡山の同一システムを、快晴率が高く乾燥した米国コロラド州にも設置し、気候の違いが発電性能に及ぼす影響を比較調査する。

この多接合型太陽電池とは、複数の種類の太陽電池を積み重ねたものだ。利用できる波長の範囲が異なる太陽電池を組み合わせることで、広いスペクトルの太陽光が利用できるようになり、結果として発電効率が高まる。今回は、発電効率が通常の約倍の28%の太陽光モジュールを使用している、とのことだ。

実証実験の期間は最長5年とのことなので、まだまだ続く実験のようだ。

なお上記引用記事によれば、その実験施設のある場所に、太陽光発電による植物工場も完成した、とのことだ。その概要は植物工場 やさい蔵ホームページにある。これは、”野菜生産に関する様々な課題解決に取り組むための「研究施設」と日産800株(レタス)可能な「生産拠点」という二面性を共存した植物人工栽培研究施設”とのことだ。次の植物が生産可能だ。

1. 30種類以上の野菜の生産が可能だが、京山ではおもに「バジル、ルッコラ、イタリアンパセリ等の香草類」、「トマト、ナス、イチゴ等の果菜類」などの栽培を行っていく予定。

2. 栄養素を強化した機能性野菜の生産
ビタミンC含有量の多い「ほうれん草」、鉄分を増やした「空心菜」、カルシウムを強化した「小松菜」の栽培を行う予定。

3. サラダ用の苦みの少ない「クレソン」をはじめ、栄養価は維持したまま野菜特有の「えぐみ」や「青臭さ」を除去した野菜の生産。

全然種類の異なる施設が共存しているところが面白い。


QLOOK ANALYTICS