水俣市の水源地に出力100キロワットの太陽光発電設備が完成

水俣市の太陽光発電

2012年03月15日(木)

今日は水俣市の話題。熊本日日新聞サイトの3月14日記事「水俣市、水源地に太陽光発電 県内自治体で最大」から一部を引用する。

水俣市は14日、同市古城の「第1水源地」で太陽光発電システムの稼働を始めた。敷地内に縦1メートル、横1・5メートルのパネル420枚を並べて整備。最大出力約100キロワットで、県内自治体では最大規模。

水源地の電源確保と二酸化炭素(CO2)削減が目的。年間発電量は約10万8千キロワット時を見込み、同水源地の消費電力の25%を賄う。CO2削減量は年間約40トン。

同水源地は市内7カ所の中で給水規模が最も大きく、給水人口は約7千人。1999年9月には台風による停電で断水した。太陽光発電が稼働すれば、停電時も送水ポンプや浄水設備を動かすことができるという。余剰電力は売電。事業費は約8130万円で国が2分の1を補助した。

現地であった通電式には約40人が出席。宮本勝彬市長がボタンを押して完成を祝った。
...(C)熊本日日新聞社

このブログでは以前、水俣市を話題にしたことがある。昨年2011年6月1日記事「水俣市の波力発電」だが、題名のとおり、その記事は太陽光発電ではなかった。今日の記事は、水俣市の水源地に太陽光発電設備が完成したという話題だ。

水俣市の第1水源地に設置された太陽光発電システムのパネル (C)熊本日日新聞

左の画像はその水俣市の第1水源地に設置された太陽光発電システムのパネルだ。出力は約100キロワットと、今となっては大変小さな規模だ。しかし熊本県内の自治体が設置した太陽光発電設備としては県内最大規模、とのことだ。とはいえ、熊本県内にはこのブログの今年1月10日記事「熊本県のメガソーラー」によれば、既に出力3750キロワットのメガソーラーが存在し、またこの6月には出力3300キロワットのメガソーラーも完成するようなので、自治体設置でNo.1といっても少々比較の範囲が狭すぎるかもしれない。

今日話題の水源地の太陽光発電設備は、1m×1.5mの太陽光パネルを420枚設置した、とのことだ。サイズは標準的な太陽光パネルの大きさだ。この枚数で出力が約100キロワットだから、割り算をすると、この太陽光パネル1枚当たりの出力は0.24キロワットとなる。これは結構出力が高い。三洋のHIT太陽電池の太陽光パネルを使用しているのだろうか。

なお事業費は約8130万円とのこと。出力は100キロワットだから、1キロワット当たりの設置費用は約81万円となる。これには驚いた。極めて高い。高すぎる!!。このブログの他の記事を見ればわかるが、メガソーラーになると1キロワットあたり30万円で作れる時代なのだ。このブログで何回となく指摘しているような、自治体が作る太陽光発電設備が極めて高価になってしまう典型的な例だ。上記引用記事を書いた熊本日日新聞は、このような税金の無駄遣いに対しもっと怒る必要がある。



QLOOK ANALYTICS