住宅の壁面に太陽光パネルを設置する技術をミサワホーム北海道が開発

住宅の壁面に太陽光パネル

2011年08月08日(月)

47NEWSサイトの共同通信8月6日記事「ソーラーパネルを壁面に 豪雪地の住宅でも通年発電」から居一部を引用する。

雪深い地方でも年間を通じて太陽光発電できるよう、ミサワホーム北海道は、ソーラーパネルを住宅の屋根ではなく壁面に取り付ける技術を開発。旭川市でモデルハウスを公開中で、自然エネルギーへの関心の高まりを背景に、注目が集まっている。
...
同社によると、豪雪地の旭川では冬の時期、屋根型のパネルは雪に覆われほとんど発電できない。このため、壁型パネルを取り付けた住宅を昨年11月に企画、半年がかりで完成させた。(C)共同通信

太陽光発電は低温ほど有利だ。従って寒い地方は太陽光発電に適している。ただし雪が無ければの話だが。豪雪地帯では雪の存在が太陽光発電の普及の大きな妨げになっていた。晴れていても太陽光パネルに積雪があると発電量はゼロだ。雪下ろしをしたくても太陽光パネルの表面はツルツルで滑りやすく危険。

そこで、住宅の壁面に太陽光パネルを取り付ける技術を北海道の住宅メーカーが開発した。実際にモデルハウスに取り付けるとこのようなイメージになる。

もちろん、壁面に太陽光パネルを取り付けると発電効率は下がる。通常は屋根の上に約30度の傾斜で南向きに太陽光パネルを設置するのがベスト、とされている。傾斜角度が90度になるのだから、夏至の頃の昼頃の発電効率はベストの設置と比較するとかなり落ちることが予想できる。

しかし、年間の発電量で見るとそれほど代わりはないのだろう。そのあたりのデータが見たい。発電効率が低いとしても、雪下ろしの手間・危険度または融雪装置設置費用よりはベターの解、ということなのだろうか。


QLOOK ANALYTICS