池の水を太陽光発電パネルに掛けて発電効率アップ

池の水を太陽光発電パネルに掛ける

2010年04月12日(月)

今日は富山県射水市の話題。読売新聞サイトの4月11日記事「日照時間少なくても大丈夫、水上式太陽光発電」から。

池の水を利用し、効率的に電力を供給できる水上式太陽光発電システムが、富山県射水市の「県民公園太閤山ランド」の人工池に完成した。

池の中に約13メートル四方のポリエチレン製土台を固定し、パネル86枚を並べて発電する仕組みで、富山県と、富山市の空調設備会社「日本空調北陸」が共同開発。暑い時期には、池の水をパネル全体にかけて冷却することで発電効率を高め、冬には積もった雪を解かすことができるという。

富山県は年間の日照時間が少なく、全国最多の山梨県の約7割。...(C)読売新聞

射水市の県民公園の池に設置された水上式太陽光発電システムは、発電効率を高めるために雪国ならではの工夫がしてある。それは、池の水を太陽光パネルにかけることだ。そのことで次の2つのメリットがある。
(1)夏は、太陽光パネルが冷却されることで発電効率が高まる。
(2)冬は、太陽光発電パネルに積もった雪が溶けることで太陽光発電が再開できる。

太陽電池の特性として、温度が上がると発電能力が下がる、ということがある。夏季は太陽光パネルの温度を下げることができれば発電効率が上がるので、池の水をかければそれが実現できる、というわけだ。また冬は、太陽光パネルの上に雪が積もると発電はゼロとなってしまうので、雪が積もらない工夫が望ましい。池の水を掛けて雪を溶かしてしまう、面白いアイデアだ。

引用記事にあったが、富山県の日照時間は全国最多の山梨県の7割程度と少ない。この日照時間の少なさに対応する工夫が「池の水」ということだった。

なおこの射水市には太陽光発電接地補助金がある。補助金交付要綱によれば、補助額は1件について5万円だ。1キロワットではなく1件についての額だ。市町村レベルの太陽光発電設置補助金の額としてはかなり少ないのが残念だ。


QLOOK ANALYTICS