東芝が太陽光システムを被災者向けに100世帯分を無償提供

東芝が太陽光システムを無償提供

2011年04月01日(金)

このたびの東日本大震災の支援に大企業も乗り出している。今日は東芝の支援の話題だ。読売新聞サイトの3月31日記事「仮設住宅に太陽光発電、東芝が無償提供」から。

東芝グループは2011年3月30日、東北地方太平洋沖地震の被災者の仮設住宅と復興住宅向けに、太陽光発電システムと省エネ型家電機器100世帯分を無償で提供する、と発表した。

住宅用太陽光発電システムや蓄電池システムと、液晶テレビ、エアコン、冷蔵庫、洗濯機、炊飯器、LED 照明などの省エネ家電機器を組み合わせることで、今後想定される電力需要逼迫時でも、最適なエネルギー管理ができるという。

東芝グループは今後、被災地での行政の仮設住宅、復興住宅の具体的な計画に合わせ、太陽光発電システムを提供し、省エネ家電機器は、行政からの要請に基づき、さらなる提供を検討していく。

東芝グループは、今回の被災者の仮設住宅と復興住宅向けに、太陽光発電システムなど100世帯分を無償で提供する、とのことだ。太陽光発電システムの他に、省エネ型家電機器も提供するとのこと。具体的には、液晶テレビ、エアコン、冷蔵庫、洗濯機、炊飯器、LED 照明の省エネ型家電だ。これは大変太っ腹だ。仮に、太陽光システム1式が約200万円、省エネ型家電が約100万円とすると1世帯当たり約300万円、これを100世帯分なので、合計約3億円、ということになる。

もちろんこれはすばらしいことなのだが、ひねくれ者の私としては勘ぐりたくなることがある。東芝といえば、日本で有数の原子力発電メーカーなのだ。今回の福島原発にも東芝が関与している原子炉は3,4つあるはずだ。今回の原子炉のマイナスイメージが自社に波及しないよう、早めに無料提供の名乗りを上げたのか、とも思ってしまう。


QLOOK ANALYTICS