四日市市商店街に立体駐車場に設置された太陽光発電

立体駐車場に設置された太陽光発電

2010年05月12日(水)

今日は三重県四日市市の話題。読売新聞サイト三重版の5月11日記事「エコと防犯意識 立体駐車場整備 四日市の商店街」から。

四日市諏訪商店街振興組合(北川正彦理事長)は10日、地球環境に優しく安全な街づくりをしようと、同市諏訪町で運営する立体駐車場「スワセントラルパーキング」を中心に設けた、太陽光発電パネルや防犯カメラなどの完成式を行った。

経済産業省の「中小商業活力向上事業」の補助金を受けて整備し、事業費は約3500万円。立体駐車場の屋上10台分の駐車スペースに、太陽光パネル90枚を置き、年間発電容量1万キロ・ワット・アワーを見込んでいる。また、駐車場内の照明を、消費電力が少なく、より明るいLED(発光ダイオード)に替えた。

防犯面では、防犯カメラを商店街や駐車場周辺に計19台配置。このうち、立体駐車場の国道1号線に面した壁には6台設け、事故が多い交差点の映像などを記録できるようにした。
...(C)読売新聞

四日市市商店街の立体駐車場整備で太陽光発電設備が設置された。この整備事業は、太陽光発電システム設置の他、LED照明、防犯カメラの設置を行った、とのこと。太陽光発電パネルは立体駐車場の屋上の車10台分スペースに太陽光パネル90枚を設置した。この発電量は年間1万キロワット時、とのことだ。ということはこの太陽光発電システムの出力は、10キロワット弱と予想される。この出力が太陽光パネル90枚ということは、太陽光パネル1枚当たりの出力は 10キロワット÷90枚 ≒ 0.11キロワットとなる。これは通常の太陽光パネルの半分強の出力だ。小さな太陽光パネルか、能力が低く安い薄膜型パネルのためだろう。また、太陽光パネルに傾斜を付けずに水平に設置していることで能力が少し低いのかもしれない。

この整備事業は3500万円もかかったそうだが国の補助金で賄ったようだ。それにしてもさびしいのは、この事業で防犯カメラを19台も設置したことだ。内6台は事故の多い国道沿いに設置、と記事には書いてあるが、主目的は駐車場内の防犯目的録画だろう。犯罪の多い相互不信の社会を作ったのは誰なのだろうか。それは弱肉強食の社会を作った旧政権党とそれを圧倒的に支持した国民なのだ。


QLOOK ANALYTICS