神奈川県は「かながわソーラーバンクシステム」を設置して太陽光発電の推進をはかる

神奈川県の太陽光発電の状況

2012年02月02日(木)

神奈川新聞社のカナロコサイトの1月20日記事「(神奈川)県の太陽光発電普及策、目標1200件も実績は数件で顧客開拓へ/神奈川」から一部を引用する。

住宅用太陽光発電の普及拡大を目指し、黒岩祐治知事の肝いりで県が立ち上げた「かながわソーラーバンクシステム」。稼働開始から約1カ月で100件を超す見積もり依頼が寄せられたが、設置工事にこぎ着けたのは数件にとどまる状況だ。県は太陽光への熱が冷めないうちにと、各地で“出前商談会”を開き、新たな顧客獲得に乗り出す。

JR関内駅近くの「かながわソーラーセンター」は、売電収入を踏まえた「初期負担ゼロ」のプランを目玉に計33通りの設置モデルを用意し、昨年12月 22日にオープンした。初日に60件以上の問い合わせが殺到するなど順調な滑り出しを見せていたが、今月18日までの相談件数は445件。このうち、設置業者に仲介し見積もり申請に至ったのは118件だった。

県が開設当初に掲げた設置目標は、3月末までに1200件。だが、これまでの実績は「1桁台」という。担当者は現状について「6日間の年末年始休暇があった…」などと説明するが、14市町で2011年度分の補助金交付が終了していることなども響き、思惑通りには伸びていない状況だ。

国補助金を充てても100万円を上回るソーラーパネルの購入は、大半の家庭にとって一度限りの大きな買い物。県は「以前から関心が高かった家庭は開設直後に相談している」と冷静に分析しており、目標達成には潜在ニーズの掘り起こしが不可欠としている。

情勢好転に向けた突破口として着手するのは「出前商談会」だ。横浜会場を皮切りに、2月には平塚、相模原で開催。厚木や小田原でも検討しており、市補助金が残っているエリアを中心にPRを展開する。
...(C)神奈川新聞社

無料で太陽光発電設備を設置などの公約を掲げた神奈川県黒岩知事がその公約をどんどん後退させていることは、このブログの昨年2011年9月13日記事「神奈川県知事の太陽光発電設置公約」に書いた。その後の10月初めに、知事は同公約を撤回した。その後の話題が上記引用記事だ。

県は一般住宅向けの太陽光発電の普及拡大のため「かながわソーラーバンクシステム」を立ち上げだ。稼動直後から約1ヶ月で100件を超える見積り依頼があったが、設置工事にこぎつけたのはたったの数件に留まる、という寂しい状況だ。

県は「かながわソーラーバンクシステム」設置の際、今年3月までに1200件の太陽光発電設備の設置を目標にしていたが、まだ数件に過ぎない、ということだ。

その理由として、年末年始休暇や太陽光発電設置補助金の交付が終了している自治体が14市町もあること、と担当者は考えているようだ。もしそうなら、新年度の4月以降は状況が改善するはずだが、どうだろうか。

引用記事にもあるが、国の補助金を充てても太陽光発電設備の設置には100万円以上かかり、その回収には長い年月のかかる大きな買い物だ。その大きな買い物をいま、決心する人はそれほど多くは無い、と私は考える。その大きな理由は、「先行きの不透明感からの消費抑制」だ。首都圏で直下型の巨大地震が数年以内に高い確率で発生するであろうことは様々な学者が発表している。また神奈川県は東海地震も被害が予想される。まだ日本経済、いやそれどころか世界経済もガタガタでユーロも危なく、もしユーロが駄目になったらドル、元も駄目になるだろう。そうなると日本は超インフレも予想される。そのような状況のいま、無駄な買い物はできるだけ抑えたいと皆が感じているように思う。この時期に3月までに神奈川県で太陽光発電を1200件設置、は無理な目標と思う。ドゼウがもうちょっとましな政治をすれば状況は良くなるかもしれないが。


QLOOK ANALYTICS