関市の市役所に出力96キロワットの太陽光発電が設置

関市の市役所に太陽光発電が設置

2010年06月01日(火)

今日は岐阜県関市の話題。毎日新聞サイト岐阜版の5月27日記事「太陽光パネル:関市役所、2棟に480枚設置 /岐阜」から一部を引用する。

関市役所(関市若草通)の南庁舎屋上と車庫棟屋根に計480枚の太陽光発電パネルが設置され、27日から供用が開始される。発電規模は96キロワットと県内の公共施設では最大規模で、庁舎内の照明や空調などの電気の一部をまかなう。

設置されたのは車庫棟がパネル336枚(発電規模は67・2キロワット)、南庁舎が同144枚(同28・8キロワット)。総事業費は1億820万円。うち1億円は国の地域活性化・経済危機対策臨時交付金でまかない、市の負担は820万円。

市の試算によると、年間の予想発電量は約10万7000キロワット時。これにより、CO2は年間33・756トンを削減、電気料金は年間で約230万円減らす考えだ。

...(C)毎日新聞

関市は人口約9万4千人程度の市だ。その市役所屋上と車庫棟屋根に太陽光発電パネルが設置された。太陽光発電パネルの設置枚数は計480枚で、出力は96キロワット。市役所としては意外に出力が高いように思う。太陽光パネル1枚当りの出力は、ぴったり 96キロワット÷480枚 = 0.2キロワットだ。ということは、通常のシリコン結晶系の太陽光パネルだろう。

年間の予想発電量は10万7000キロワット時。関市は積雪もあるようなので、こんなものか。この発電量で、二酸化炭素は約34トン、電気料金は年間約230万円も減らすことができる、とのことだ。

この太陽光発電設備の設置費用は1億820万円、とのこと。計算してみると、1キロワット当りの設置費用は、1億820万円÷96キロワット ≒ 112万7千円。非常に高価だ。このブログで何回も紹介しているとおり、自治体の庁舎への太陽光発電システムの導入は非常に高金額だ。そのココロは国からの補助金。今回の関市も、1億円は国からの交付金で、市の負担はたったの820万円なのだ。そもそも、このシステムが高価になる理由は引用記事にはどこにも書いていない。関市役所車庫棟の屋根画像を見ると、屋根への設置は傾斜がなく平らにベタに太陽光パネルを設置している。これは一番費用のかからない設置方法だ。それなのに非常に高い金額になるのは何故なのだろうか。


QLOOK ANALYTICS