太陽光発電地域情報の最新情報ブログ

埼玉県の太陽光補助金は申請多数で終了

2009年12月08日(火)

太陽光発電の余剰電力買取価格が11月から約倍になったことで自治体の太陽光発電設置補助金の申請が殺到し予算を使い果たしてしまう自治体が相次いでいる。埼玉県もそうだ。

埼玉県のホームページによれば、埼玉県の太陽光設置補助金は次の金額だ。
・既存住宅(戸建住宅)
  1キロワット当たり6万円。上限3.5キロワット(21万円)。
・新築住宅(戸建住宅)
  1キロワット当たり3万円。上限3.5キロワット(10.5万円)。
新築住宅に設置する場合は既存住宅に設置の半額となるのは少々頷けない。が、既存住宅の場合の1キロワット当たり6万円は、県レベルの太陽光発電システム設置補助金としては高い方の金額だ。

さてこの補助金だが、毎日新聞サイトの12月4日記事「太陽光発電:県が補助を打ち切り 申請多く14日で /埼玉」から。

県は今年度の目玉事業として実施してきた住宅用太陽光発電補助事業の申請を14日で打ち切ると発表した。2日現在で約6200件の申し込みがあり、予算計上した約11億円のうち、残額が約8000万円しかないため。

県温暖化対策課によると、現在は先着順で受付中。14日以前に予算額に達した場合は、その日から14日までの申請分は抽選となる。14日の時点で予算が余った場合は、申請期間を2週間延長した上で、改めて抽選にする。
...
10月中の申請は1日当たり約600件程度だったが、11月に入って、1000件超に。同月から電力会社が太陽光発電した電力の買い取り金額を値上げしたことや、県の補助事業の残額が減ってきたことなどが影響したと見られる。(C)毎日新聞

そもそも予算は11億円。太陽光発電設置補助の県レベル予算としては全国でも多いほうだろう。この予算を使い果たす見込みなので、今月14日で打ち切りの予定だ。県のホームページによると、次のように打ち切る。

◆申請の受付は、12月14日(月)に締め切ります。
◆12月14日以前に予算額に達した場合は、その日から12月14日(月)までの受付分について抽選を行います。
◆12月14日(月)において予算額に達しなかった場合は、2週間の抽選期間を設けます。

そしてこのホームページによれば、12月4日時点(ということは4日前)では、予算残額は約5500万円、目安としてはあと300件の補助で終了、ということだ。

これから年度末に向かって、このような話題が多発するだろう。


QLOOK ANALYTICS