大川市の太陽光発電設置補助金は1Kw当り3万円、上限12万円

大川市の太陽光発電設置補助金

2010年06月23日(水)

福岡県大川市の話題。6月22日付の毎日新聞筑後版記事「大川市:太陽光発電設備、費用の一部補助 戸建て住宅対象 /福岡」から一部を引用する。

大川市は来月から、太陽光発電設備を戸建ての住宅に設置する市民に、費用の一部を補助する制度を始める。市によると、国も同様の制度を実施をしているが、重複して補助を受けることができるという。

地球温暖化防止のため、市が今年度から取り組む新規事業で予算は360万円。11年3月末までに、市内の自宅に太陽光発電設備を取り付ける個人が対象となる。

市環境課によると、戸建ての住宅では4キロワットの発電設備が一般的という。補助は1キロワット当たり3万円、上限は12万円。30件程度の補助を予定しており、補助金は設備工事完了後に振り込まれる。...(C)毎日新聞

大川市は福岡県南部に位置する人口約3万8千人の市だ。その大川市が太陽光発電システム設置補助金の制度を始める。

補助金額は、1キロワット当り3万円、上限12万円だ。これは国の補助金と併用可だ。この補助額は市町村レベルでは少ない。そして補助件数は年間30件を予定し、予算額は360万円、とのことだ。これは非常に少ない金額だ。人口4万人弱の市で太陽光発電システム設置補助金の申請が年に30件、とは少なすぎる予想件数だ。一般的には、これでスタートして申込み件数が増えれば補正予算で対応するのかもしれないが。

大川市のサイトの住宅用太陽光発電設備設置費補助事業についてページも見たが、この引用記事を超える情報は無かった。ただ、市のサイトは見やすい。また、トップページのトップバナーがFlash画像で市の名所旧跡の画像を一定間隔で表示していて市の環境がよくわかる。それから、市長の交際費をホームページできちんと公開しているのも好感が持てた。


QLOOK ANALYTICS