太陽光発電地域情報の最新情報ブログ

宮古島のスマートグリッド実験の太陽光発電所を東芝が受注

2010年01月18日(月)

このブログの昨年12月2日記事「東京電力の川崎市臨海部メガソーラーは日立と東芝が受注」で、東芝が川崎市の浮島太陽光発電所(出力7メガワット)を東京電力から数十億円で受注したこと、東芝は太陽光パネルを製造はしていないこと、を書いた。今日の話題はその東芝。毎日新聞サイト1月18日記事「スマートグリッド:沖縄電力、宮古島で太陽光発電 東芝、システムを受注」から一部を引用する。

◇CO2を4000トン削減

東芝は18日、沖縄電力が沖縄・宮古島で今秋から行うスマートグリッドシステム(次世代送配電網)の実証実験システムを一括受注したと発表した。受注額は数十億円。4メガワットの太陽光発電システムを新設、既存の電力系統に連結するなど国内最大規模の実証実験で、年間4000トンの二酸化炭素(CO2)削減効果を目指す。

スマートグリッドはIT(情報技術)を使って太陽光などの再生可能エネルギーと火力などの既存の電力を効率よく組み合わせ、CO2排出量の抑制などを図る送配電システム。宮古島では既にある風力(4・2メガワット)や火力(61・5メガワット)、ガスタービン(15メガワット)に加え太陽光発電システム(4メガワット)を新設。天候によって発電量が大きく変わる太陽光発電を既存の電力系統に接続する際の課題などを詳しく調べる。

また、IT通信網で各家庭などの電力消費状況をリアルタイムに把握。蓄電池に蓄えた太陽光の電力を使って火力の利用を抑えるなど、新エネルギーと既存の電力との最適な組み合わせを探る。

東芝は09年10月にスマートグリッド事業の専任組織を設立、15年度に売上高1000億円を目指している。(C)毎日新聞

沖縄の宮古島ではスマートグリッドの実証実験が行われようとしている。宮古島には、風力発電(4.2メガワット)、火力発電(61.5メガワット)、ガスタービン発電(15メガワット)の発電所がある。これに、出力4メガワットの太陽光発電所を新設し、天候により発電量が大きく変化する太陽光発電と既存の電力網との接続の問題を実証実験するのが、今回のスマートグリッド実証実験だ。

この太陽光発電所には蓄電池も併設され、電力使用状況により火力発電の運転を抑えるなど、ITを利用した制御により温室効果ガス排出を減らす機能もある。

この太陽光発電の部分を東芝が受注した。受注額は数十億円とのことなので、先の川崎市の太陽光発電所の受注額と同じオーダーだ。先のブログ記事にも書いたが、新設されるのは発電所なので原子力発電所を始めとした発電所設置に実績のある東芝のほうが太陽光パネルメーカーより有利なのだろう。


QLOOK ANALYTICS