太陽光発電地域情報の最新情報ブログ

新潟の大規模太陽光発電所

2009年10月18日(日)

今日は新潟の話題だ。少し古いが、日本海新聞サイトの9月30日記事「新潟に大規模太陽光発電所 雪国対応のパネル設置」から。

新潟県は30日、大規模太陽光発電所(メガソーラー)建設の支援事業で、公募の結果、昭和シェル石油を選定したと発表した。同社は新潟市に出力千キロワットのメガソーラーを建設し、10年9月の発電開始を目指す。

新潟県は積雪地帯で冬は日照時間が短く、太陽光発電に不向きとされているが、降り積もった雪が落ちやすいように表面を工夫し、わずかな光で発電できるパネルを設置する。

県によると、建設費は7億円程度。2分の1は社団法人新エネルギー導入促進協議会からの補助金を見込み、残りは県と同社で負担する。設備は同社が所有し、東北電力などへの売電を視野に入れる。

建設予定地は新潟市東区の昭和シェル石油所有地で、発電パネル約1万2500枚や変圧器などを設置する。年間発電量は100万キロワット時程度で、一般家庭約300世帯分に相当する。(C)日本海新聞

このニュースの重要なポイントは2つだ。ひとつは、新潟県が主体になって大規模な太陽光発電所を建設しようとしている、ということだ。いままで、大規模太陽光発電所(メガソーラー)は電力会社が建設してきた。県が主体となってパートナー企業と合弁で大規模太陽光発電所を作る、という話は珍しい。

もうひとつのポイントは、パートナー企業の昭和シェル石油の太陽光発電パネルの特徴だ。「新潟県は積雪地帯で冬は日照時間が短く、太陽光発電に不向きとされているが、降り積もった雪が落ちやすいように表面を工夫し、わずかな光で発電できるパネルを設置する。」とのこと。なるほど、雪国用に降り積もった雪が落ちやすい太陽光パネル、という発想があったのか。恐らく表面に特殊なコーティングをしているものと想像する。また、太陽光パネルの設置角度にも工夫があるに違いない。

という、新潟の話題だった。


QLOOK ANALYTICS