太陽光発電地域情報の最新情報ブログ

香芝市の市庁舎に太陽光発電

2010年03月19日(金)

今日は奈良県香芝市の話題。毎日新聞サイト奈良県版の3月14日記事「香芝市:市庁舎に太陽光発電、温暖化防止など図る /奈良」から一部を引用する。

◇年間18トンCO2削減効果

香芝市は庁舎の会議室棟や書庫棟の屋根に、比較的大規模な60キロワット(パネル336枚)の太陽光発電システムを設置した。梅田善久市長が通電式でボタンを押し、庁舎の年間消費電力の約6・3%を賄うシステムが稼働した。

地球温暖化防止や環境負荷の低減を図るため、国の補助金を活用し、総工費約5700万円をかけて整備した。年間18・34トンの二酸化炭素の削減効果を見込んでいる。土日や休日の余剰電力は関西電力に売電する。

市管財課の天川泰秀課長は「庁舎にシステムを導入するのは県内で宇陀市に次いで2番目だが、規模的には最も大きい。...」と話している。(C)毎日新聞

香芝(かしば)市は奈良県の北西部に位置し、大阪府に隣接している、人口7万5千人程度の市だ。その市庁舎の屋根に太陽光発電システムが設置された、という話題だ。

出力は60キロワットというから、自治体庁舎レベルとしては大きな方か。この出力に要する太陽光発電パネルは336枚とのことなので、太陽光パネル1枚当たりの出力は60÷336 ≒ 0.18キロワット となる。通常はパネル1枚の出力は0.2キロワット程度なので、若干変換効率の低い太陽光パネルを使用していると考えられる。まあ、市庁舎の屋根の面積は広いだろうから出力は低くても安い太陽光パネルを選択した、と考えられる。

この太陽光発電システム設置にかかった費用は5700万円。出力は60キロワットなので、1キロワット当たりの設置単価は5700万円÷60 ≒ 95万円 となった。う~~ん、これは高い。

太陽光パネル1枚の出力が若干低いので価格優先でそのパネルを選んだと思いきや、これはかなり高価なシステムなのだ。設置費用のほとんどが国の補助金のようなので、シビアに業者を選んでいないのではないか。または業者との癒着があるのだろうか。そのようなことを考えさせる価格だ。


QLOOK ANALYTICS