太陽光発電地域情報の最新情報ブログ

奈良市の太陽光発電

2010年02月10日(水)

朝日新聞サイト奈良版の2月9日記事”「都祁行政センター」来月23日に利用開始”から一部を引用する。

奈良市が同市都祁白石町に建設を進めていた「都祁行政センター」と「認定こども園都祁保育園」が間もなく完成する。旧都祁村地区の行政サービス向上と子育て支援がねらいで、センターは3月23日、認定こども園は4月1日から利用を始める。
...
センターは鉄筋コンクリート造りの2階建て(延べ1592平方メートル)で和風の外観。屋根には太陽光発電パネルを設置し、消費電力の一部を賄う。1階は倉庫や会議室、2階は事務室と相談室を備える。来月23日から戸籍や市税納付など行政手続きの一部を受け付ける。
...
両施設の総工費は約9億4700万円で、4月6日に完成式を行う。(C)朝日新聞

奈良県の話題なので奈良の人はわかるのだろうが、私のような東国人に「都祁」は読めない。調べたところツゲと発音する。以前、都祁村という村があったが奈良市に編入された、とのことだ。この地名にフリガナが無いのはちょっと不親切かな、朝日新聞さん。

さてその都祁行政センターが竣工し3月23日から使用できる、とのこと。そのセンターには太陽光発電システムが設置されている、という話題だ。この画像を見ると屋根の上部に太陽光発電パネルのようなものが見えているが、それほど大きな面積ではないことが見て取れる。

これだけの情報しかないので奈良市のサイトを調べてみたが、このセンターの太陽光発電についてのページを見つけることはできなかった。それではと、奈良市の太陽光発電設置補助金を調べてみようと、この奈良市サイトの検索機能で「太陽光発電」をキーワードにして検索したが、なんと太陽光発電設置補助金のページを見つけることはできなかった。いまどき太陽光発電設置補助金のない県庁所在市があるのだろうか。もし無いのなら信じがたいことだし、あるのに市のサイトに無いのなら担当者の怠慢だ。


QLOOK ANALYTICS