太陽光発電地域情報の最新情報ブログ

出力2メガワットもの太陽光発電が高速道路に設置

2010年01月21日(木)

今日は名古屋の話題。SankeiBizサイトの1月20日記事「名古屋環状線で太陽光発電が誕生、高速道路で国内最大級」から。

中日本高速道路は20日、2011年3月末までに開通する名古屋環状2号線の高針-名古屋南の両ジャンクション(JCT)間に太陽光発電施設を設置すると発表した。出力は合計約2千キロワットで、高速道路の太陽光発電設備としては国内最大規模という。

一般道の地下に高速道を掘削、屋根が一部ない半トンネル状の構造の区間で、空洞部分に架かる梁(はり)に約1万枚の太陽光パネルを敷設する計画。発電した電力は照明や料金所の空調に利用する。

高針JCT-名古屋南JCT間で消費される電力量の約4割を節約でき、年間で約950トンの二酸化炭素(CO2)の排出削減につながるという。(C)SankeiBiz

名古屋環状2号線のある区間に太陽光発電を設置される。出力は2000キロワット、つまり2メガワットというからメガソーラーだ。もちろん高速道路の太陽光発電設備としては国内最大規模、とのこと。

設置される太陽光発電パネルは約1万枚。通常1枚が0.2キロワットの出力なので、0.2キロワット×1万枚=2000キロワット、と計算は合うので、一般的な太陽光発電パネルを使用することがわかる。

設置場所は、高速道路の半トンネル状の空洞部分に架かる梁、とのことだ。

なおこの2メガワットという大規模出力にもかかわらず、設置される区間で使用される電力量の4割にしか相当しない。高速道路がいかに照明に電気代をかけているのか、よくわかる。


QLOOK ANALYTICS