日照時間の低い豊岡市にもメガソーラー

豊岡市のメガソーラー

2012年03月02日(金)

一昨日(2月29日)、当サイトをリニューアルしました。デザインを大幅に変更(2カラムを3カラムに変更)し、全記事一覧ページや県別一覧ページを新設しました。今後とも当ブログをよろしくお願い申し上げます。

さて今日の話題は、当ブログの前回記事豊岡市のエコポイント制度に続いてまた豊岡市の話題だ。毎日新聞サイト但馬版の2月25日記事「豊岡市:太陽光発電所を整備、メガソーラー実現へ 日高で来春操業 /兵庫」から一部を引用する。

豊岡市は来年度、太陽光発電所を同市日高町山宮に整備する。年間日照時間が神戸市の7割という不利な条件を抱える豊岡だが、中貝宗治市長は「日本全体が再生可能エネルギーの導入を進める中、条件が不利だからといって環境都市を目指す豊岡が取り組まないわけにはいかない。むしろ技術開発などを進め、不利な条件を克服して採算が取れる事業にする先例をつくりたい」と話している。

来年度は第1期整備で、山宮地区の使われていないグラウンドに約4500枚、出力計680キロワットの太陽電池パネルを設置する。来春操業を開始する。2013年度以降、隣接するスキー場跡地に第2期整備をし、合わせて出力1000キロワットのメガソーラー(大規模太陽光発電所)にする。

立地条件は厳しい。神戸海洋気象台によると、豊岡市の年間日照時間は昨年1465時間と神戸市(2104時間)の約7割。

曇りでも発電できるが、市の予測によると、第1期設備の年間発電量は61万8000キロワット時(一般家庭約200世帯分)。同規模施設の全国平均の9割にとどまる。降雪対策のため、太陽光パネルを高さ90センチの台上に載せるなど建設費も割高になる。

来年度予算案に盛り込まれた第1期建設費は約3億3000万円。さらに今後、メンテナンス費用などが数千万円かかる。

現在未定の7月以降の売電価格を1キロワット時当たり35円と低めに設定すると、年間利益は約1600万円。施設費を回収するのに20年以上かかる試算になっている。

太陽光発電事業は、電力の全量買い取りを電力大手に義務づける再生可能エネルギー固定価格買い取り法が成立し、7月から制度がスタートすることをにらみ、全国の自治体や企業が次々に参入している。(C)毎日新聞

豊岡市がメガソーラーを計画している。第1期は出力680キロワットで来年2013年春稼動予定、その後に第2期工事を予定し、最終的に合計出力1000キロワット、つまり1メガワットのメガソーラーとなる。

このメガソーラーには大きな問題がある。それは、同市が積雪地帯ということだ。年間日照時間は神戸市の約7割にしかならない。第1期の出力は680キロワットだが、通常ならこの出力の年間発電量は68万キロワット時程度、日照が良ければ70万キロワット時は固い。しかし同市の場合、年間発電量予測は61万8000キロワットと、やはり低い数字となってしまう。

このメガソーラーは、もちろんこの7月からの電力会社による太陽光発電の全量買取の開始により利益を得ることを目論んでいる。しかし日照が弱いと設備投資の元を取るまで時間がかかってしまう。

この施設の第1期の建設費は約3億3000万円で、メンテ費用にさらに数千万円が必要となる。もし売電価格を低めの1キロワット時当たり35円と仮定すると、年間利益は約1600万円となり、費用の回収に20年以上かかる、とのことだ。

この費用回収期間をもっと短くする特効薬がある。それは、建設費を安くすることだ。第1期の出力680キロワットに要する建設費3億3000万円なので、割り算をすると、1キロワット当たりの建設費は約48万5千円だ。これは一般家庭並みで、高いと言わざるを得ない。メガソーラーなのだから、スケールメリットで安くなるはずだ。恐らく1キロワット当たり40万円を少し切る程度まで可能なはず。このブログでも今までに何回となく指摘したことだが、自治体が太陽光発電設備を建設するとその費用はなぜか非常に高くなる。地元業者との癒着とははっきりとは言い切れないが、その問題が今回にも存在しているように思う。


QLOOK ANALYTICS