仙台太陽光発電所の運転開始は2012年5月予定

仙台太陽光発電所

2012年02月06日(月)

環境ビジネスサイトの1月31日記事「東北電力、仙台太陽光発電所の運転開始時期を2012年5月に変更」から一部を引用する。

東北電力は、宮城県宮城郡にあるメガソーラー「仙台太陽光発電所」の運転開始時期について、当初予定の平成24年1月から、平成24年5月に変更することを発表した。

同発電所は、平成23年2月25日、経済産業省に対し電気事業法に基づく工事計画の届出を行い、新設工事を着工。その後、東日本大震災による津波の被害が敷地全体に及んだことから、堆積した土砂や瓦礫を撤去した後、敷地造成工事、基礎工事を進めてきたが、予定通りの運転開始が困難となった。これにより予定を変更し、今年5月の運転開始を目指すことになった。

同発電所の出力は2,000kW。発電電力量は、約210万kWh/年(一般家庭約600世帯分の年間使用電力量に相当)。年間約1,000トン(一般家庭約200世帯分の年間排出量に相当)のCO2削減効果が見込まれている。(C)環境ビジネス

宮城県のメガソーラーの仙台太陽光発電所については、このブログの昨年2011年4月2日記事「八戸市のメガソーラー発電所が着工」中の引用記事部分に含まれていた。それによると、この仙台太陽光発電所は2011年2月25日に着工した、とのことだった。

東北電力サイトの「メガソーラー発電所の概要」ページによれば、この仙台太陽光発電所の運転開始は今年度、と書いてあるが、何月かは書かれてはいない。しかし今日の引用記事によれば、当初の運転開始予定は今年1月だったのが、今年2012年5月に延期された、とのことだ。

運転開始が遅れたのは、もちろん東日本大震災。堆積した土砂や瓦礫の撤去の工事が必要となったためだ。

このメガソーラーは出力は2000キロワット、つまり2メガワット。最近のメガソーラーとしてはそれほど大きな規模ではないがメガソーラーであることには変わりない。年間発電量は約210万キロワット時を見込んでいる。

上記の東北電力サイトのページには、同太陽光発電所のイメージ図が掲載されている。それを見ると、海沿い、それも完全に海に面している。いま東北地方は津波地震であるアウターライズ地震の発生が懸念されているが、このイメージ図では津波よけの防護壁は見当たらない。原発ではないから防護壁がなくても大きな問題は発生しないだろうが、ある程度の壁は必要に思う。


QLOOK ANALYTICS