石巻市に10メガワットのメガソーラー建設予定

宮城に続々メガソーラー

2012年02月20日(月)

朝日新聞サイトの2月18日記事「宮城・石巻でメガソーラー計画 国内最大1万キロワット」から一部を引用する。

日立製作所などが、宮城県石巻市の牡鹿半島に大規模太陽光発電所(メガソーラー)を建てる見通しになった。35億円を投じ、国内最大級の1万キロ(10メガ)ワットの出力とする計画で、来夏の稼働を目指す。

東光電気工事(東京都千代田区)と地元の土木建設会社が、事業を担う特別目的会社をすでに立ち上げており、日立も出資を検討している。今夏から始まる自然エネルギーによる電力の「全量買い取り制度」を使い、東北電力に売る。

東日本大震災の被災地では、三井物産も宮城県東松島市にメガソーラーを建てる計画で、復興の後押しになると期待されている。トヨタ自動車も、子会社の工場がある宮城県内陸部の大衡村で10~20メガワットのメガソーラーを建てる。(C)朝日新聞

太陽光発電ビジネスとして、宮城県石巻市に10メガワットものメガソーラーが建設を予定されている。来年夏の稼動だ。東京の電気工事会社と宮城の土木建設会社がこの目的の会社を設立し、日立製作所も出資を検討している、とのことだ。日立製作所はそういえば太陽光パネルは製造していない。発電ビジネスから太陽光関連ビジネスに参入、といったところか。

この出力10メガワットは、日本ではトップの発電規模だ。総費用は35億円なので、割り算をすると、1キロワット当たりの建設費用は35万円だ。大規模なのでこの数字は順当だ。(不思議なもので、自治体がメガソーラーを建設すると1キロワット当たりの設置単価はもっと高くなる。。。)

この他にも、東日本大震災の被災地では続々メガソーラー建設の話題がある。三井物産が松島市に建設予定だが、規模は不明だ。また、トヨタ自動車も宮城県大衡村に10~20メガワットものメガソーラーを建設予定だ。もし20メガワットなら、日本最大となる。

東北地方にはメガソーラーが続々だ。東北地方は雪があるので太陽光発電には向かないと思いがちだがそうではない。以前にもこのブログの記事で書いたが、日照時間は東京よりも多い地域が東北には多数あるのだ。


QLOOK ANALYTICS