淡路島に出力40メガワットものメガソーラーが建設

淡路島にメガソーラー

2012年03月23日(金)

神戸新聞サイトの3月23日記事「国内最大級メガソーラー計画 淡路で始動」から一部を引用する。

最大出力4万キロワット(40メガワット)の大規模太陽光発電所(メガソーラー)を淡路市に整備する計画を、東京の発電大手ユーラスエナジーホールディングスが22日、発表した。年間発電量は国内最大級で、淡路市の総世帯の67%に当たる約1万3千世帯の使用電力に相当するという。今秋に着工し、2013年度内の操業を目指す。(敏蔭潤子)

ユーラス社は国内最大手の発電会社。1987年から世界各国で風力・太陽光発電を展開し、現在の発電容量は全世界で風力が計208万キロワット、太陽光は4万9千キロワットになる。太陽光発電は韓国と米国で操業するが、日本では初めて。

昨年8月、太陽光や風力などで発電した電力の全量買い取りを電力会社に義務付ける再生エネルギー特別措置法が成立。同社など複数の企業が、日照時間が年間2150時間を超える国内有数の日射量に恵まれた淡路島に注目した。

同市佐野・生(いく)穂(ほ)地区にある関西国際空港建設用の埋め立て土砂が採取された約140ヘクタールを視察。周辺住民ら約150人の地権者でつくる「津名開発組合」が事業実績のある同社を選んだ。

同社は60ヘクタールを借り、発電した電力を関西電力に全量販売し、地権者に借地代を払うことで基本合意した。

...(C)神戸新聞

淡路島に日本最大級、出力がなんと40メガワットのメガソーラーが建設される。2013年度中の操業を目指すとのことだが、その操業開始の時点でも日本で数番目の規模のメガソーラーだろう。この発電所の電力は、淡路島の総世帯の67%の使用電力に相当するということからもその規模の大きさを伺い知ることができる。

これは完全な太陽光発電ビジネス。建設するのは、ユーラス社だ。同社は日本においては太陽光発電よりは風力発電の大手会社として有名だ。同社は世界規模で発電事業を展開しており、風力発電は全世界で計約2ギガワット、太陽光発電は計約49メガワットとのことだ。圧倒的に風力発電に強い会社と言える。そして太陽光発電は韓国と米国で操業しており、日本での操業はこの淡路島が初めてとのことだ。

淡路市総世帯の電力使用量の6割以上を発電するというメガソーラーの建設予定地=22日午前、淡路市佐野 (C)神戸新聞

建設場所は左の画像の場所で、関西国際空港建設用の埋め立て土砂が採取された場所だ。その中の60ヘクタールを借りて太陽光発電を行う。この淡路島は日照時間が長いため複数の会社が着目している場所だ。そしてその場所の地権者組合は、発電ビジネスに実績のある同社を選んだ、という経緯だ。

まだ売電単価が決まっていないため全国的には事業の詳細は決まっていないメガソーラープロジェクトがいくつかあるようだが、数ヵ月後に単価が決まれば、今日の記事の規模、いや、それ以上の規模のメガソーラーの計画が公表されることが予想される。



QLOOK ANALYTICS