シャープは大阪府に出力2000キロワット、ソーラーウェイは北海道に出力1480キロワットのメガソーラー

大阪府と北海道のメガソーラー

2012年03月26日(月)

メガソーラーの話題を2つ。最初は大阪府だ。3月22日の毎日新聞記事「メガソーラー:シャープが大阪府岬町にも建設計画」から。

大阪府は22日、シャープが同府岬町にメガソーラー(大規模太陽光発電所)を設ける、と発表した。シャープのメガソーラー計画は、栃木県や北海道に続き4件目。同社は、再生可能エネルギーの全量買い取りを電力会社に義務付ける制度が7月から始まるのを受け、メガソーラー発電事業に乗り出しており、計画段階で止まっている堺工場(堺市堺区)のメガソーラー建設も積極的に進める。

計画は、岬町多奈川地区の府と町が所有する約3.5ヘクタールを借り、出力2000キロワットの発電所を設置する。建設時期は未定で、稼働は7月以降になるとみられる。

シャープは、栃木県矢板市で2000キロワット、北海道北見市で1500キロワット、湧別町で1500キロワットの発電所を建設する計画。イタリアで、メガソーラーによる発電事業を展開している。(C)毎日新聞

シャープは数千億円という膨大な赤字が公表された。今後の株価の動きでは予断を許さない状況。太陽光発電の牽引車だった同社、なんとかがんぱってもらいたい。そのシャープは、引用記事最後のとおり以前からイタリアではメガソーラーによる発電事業を行ってきたが、日本ではやってこなかった。つい先日、栃木県に1件と北海道に2件の計5000キロワットのメガソーラーを建設することを発表した。7月から全量買い取り制度が始まることから、安定した収入を見込めるメガソーラー事業を日本国内でも始めるということだろう。

そしてそれについで、今日の引用記事のとおり、大阪府の岬町に、出力2000キロワットのメガソーラーを建設することが発表された。土地は府と町が所有する3.5ヘクタールを借りる、とのことだ。

それに加えシャープは、自社の堺工場にメガソーラーを建設することも推進する予定、とのことだ。

もうひとつの話題は、毎日新聞サイトの3月21日記事「安平:メガソーラー設置へ 東京の企業」から。

大規模太陽光発電所(メガソーラー)のベンチャー企業「ソーラーウェイ」(本社・東京、足利恵吾社長)は安平町でメガソーラー事業を行うことを決め、21日、町役場で町有地(3ヘクタール)の賃貸契約を交わした。

同社によると、同町遠浅地区のJR室蘭線沿いに出力1480キロワットの発電施設を建設する。年間152万8500キロワット時の発電が可能で、同町の年間消費電力の7%(約450世帯分)の電力をまかなう能力がある。

初期投資は約4億5000万円。5月に着工、8月の稼働を目指す。ソーラーウェイは同町と周辺5カ所に同規模の施設を設けて事業所として運営する計画。(C)毎日新聞

これもメガソーラービジネスだ。ベンチャー企業「ソーラーウェイ」が北海道安平町に出力1480キロワットのメガソーラーを建設する。この出力で年間発電量は約153万キロワット時が見込まれているようだ。この数字から、この建設場所(JR室蘭線沿い)の日照は良い、つまり雪が少ないことが予想される。このプロジェクトの費用は約4億5千万円。出力は1480キロワットだから計算すると、1キロワット当たりの建設費は約30万円となる。最近の日本におけるメガソーラー建設費の最安値付近だ。さすがにベンチャー企業なので、出力がそれほど大きくなくてもこの安値で建設できるのだろう。


QLOOK ANALYTICS