太陽光発電地域情報の最新情報ブログ

神奈川県庁に太陽光発電による電気自動車充電スタンド

2009年12月01日(火)

神奈川の話題。東京新聞サイト11月27日記事「太陽光発電ありがとサン 電気自動車の『充電』稼働 県庁で全国初」から。

太陽光発電を活用した電気自動車(EV)用充電システムが県庁内に備え付けられ、二十六日から稼働を始めた。EVが約五十キロ走行するのに必要な電力供給が可能で、充電時間は三、四時間。県公用車の計八台のEV向けに利用される。県によると全国初の設置。

システムは縦約五メートル、横約三メートルの太陽光発電パネル、リチウムイオン蓄電池、コンセントなどを備えた充電ユニットから成る。大型リチウムイオン電池開発などを手掛ける「エリーパワー」(本社・東京都品川区)が開発し、県がリース会社を通じ月十四万円で借りる。この日は県庁で式典があり、松沢成文知事らが稼働開始を祝った。(C)東京新聞

電気自動車(EV)の普及には充電スタンドの整備が急務だ。太陽光発電を利用したEV用充電スタンドが神奈川県庁に設置された。県公用車のEV用とのことだ。

引用記事中画像を見ると、太陽光パネルが結構大きい。この太陽光パネルは5メートル×3メートルの大きさだ。

この太陽光発電によるEV用充電スタンドは「エリーパワー」社製。そこで同社のホームページを調べると、「太陽光をエネルギー源とした独立型リチウムイオンEV 充電スタンドを開発」ページを見つけた。今回の神奈川県庁に設置された充電スタンドに関するページだ。ここに、このシステムについて詳しく書かれている。

システムの概要は、太陽光発電による電力をリチウムイオン電池に蓄電し、EV用充電のみならず100V電源としても使用できる製品だ。太陽光パネルの出力は2.1キロワット、蓄電容量は約5.8キロワット時、出力は交流100Vまたは200V、15Aだ。また説明文によると、運転状況は同社から遠隔監視を行うそうだ。

機器モジュールとしては、太陽光パネル、リチウムイオン蓄電ユニット、EVチャージャーの3つだ。その画像を見ると、特にリチウムイオン蓄電ユニットが大きいことが目を引く。携帯電話のリチウムイオン電池を想像すると全然違う大きさだが、約5.8キロワット時の充電容量なのでサイズが大きいことは当然だろう。そして高価であることも想像できる。事実、上記引用新聞記事によると、リース料は月14万円、とのことだ。残念ながら家庭用とは言い難いシステムだ。将来、家庭用の安価な同種製品の登場が待ち望まれる。


QLOOK ANALYTICS