太陽光発電地域情報の最新情報ブログ

鹿児島市の補正予算の太陽光発電

2010年02月16日(火)

毎日新聞サイト鹿児島版の2月14日記事「鹿児島市:補正予算案 経済・雇用対策、32億円盛り込む /鹿児島」から。

鹿児島市は総額32・3億円の緊急経済・雇用対策をとりまとめ、09年度一般会計補正予算案に計上した。15日開会の3月定例会に提案する。補正の総額は60億2516万円。地球温暖化対策として「鹿児島市グリーンニューディール基金」を設け、8780万円を充てた。

国の交付金事業の主なものは、小中学校への太陽光発電整備7億2000万円▽道路の舗装整備2億6100万円。公共事業は新鴨池公園水泳プールの整備・運営が約2億3000万円など。(C)毎日新聞

鹿児島市の2009年度(今年度)の補正予算についての記事だ。当ブログに関連ある項目としては、
(1)「鹿児島市グリーンニューディール基金」設置8780万円
(2)小中学校への太陽光発電整備7億2000万円
の2つだ。グリーンニューディール基金については鹿児島市のホームページを検索してみたが、当然まだそのページは存在していなかった。

「(2)小中学校への太陽光発電整備7億2000万円」は市レベルとしてはかなり思い切った額と思う。そもそも今回の補正予算の規模が約60億円なので、その1割が小中学校への太陽光発電整備ということになる。鹿児島市の市の公共施設・学校等への新エネルギーの導入によると、鹿児島市は公共施設や小中学校へ新エネルギーの導入を積極的に進めているようだ。今回の補正予算でもその方針が表れている。

ここで、鹿児島市の太陽光発電設置補助金を調べてみた。住宅用太陽光発電導入促進事業補助制度の案内によると補助金額は、1キロワット当たり4万5千円、上限3キロワットだ。ということは、上限は13万5千円だ。これは市レベルの太陽光発電設置補助金としては小額だ。さらにこの補助金の件数は800件、とのこと。すべて上限の金額とすると、予算規模は1080万円。この予算規模は小額と言わざるを得ない。そして今はもう年度末にもかかわらず、800件には達していないようだ。これは、鹿児島市民が住宅への太陽光発電の導入を渋っているからなのだろうか。それは火山灰の影響を考えてそうなのだろうか、と想像している。

今回の「(2)小中学校への太陽光発電整備7億2000万円」のうちの数千万円でよいから一般家庭向けの太陽光発電接地補助金の増額へ回せば一般住宅への太陽光発電の導入が進むのに、と感ずる。


QLOOK ANALYTICS