太陽光発電地域情報の最新情報ブログ

北海道で太陽光発電システムを設置するには

2009年10月11日(日)

太陽光発電システム設置を検討している北海道のかたにとって役立つサイトを2つご紹介する。ひとつは、北海道で太陽光発電システムの設置工事を行っている会社の業界団体と思われる「北海道太陽光発電普及協会」サイトだ。このトップ画面の次の情報は役に立つ。一部を引用する。

・国の補助金制度、札幌市の助成金制度・融資制度を調べてこれらを活用して費用を少なくする。(概ね2割程度低減する)。

・インターネットで標準の価格を調べる。ただし無落雪屋根は北海道独特なので30~40万円割高(1軒当たり)になる。

ホームページ上で無料見積をしているところがあるので、概算の見積をしてもらう。ただし、北海道内の業者でないと実際の施工はできない。

・業者の選択にあたっては必ず複数の業者から見積もりをとる。それぞれ扱っているメーカーによって特徴があるので、ここは特に大事なところである。

・営業の担当者に補助金制度や発電量など気にかかることはすべて質問する。答えられないようなところはやめる。ここが最も重要なところなので、ご家族の複数の人が立ち会うとよい。

太陽光発電システム寿命が長いので、安心できる業者に頼みましょう。
・業者を選択するのは自分自身です。

後悔しないためのポイント
・保障は何年なのか、メーカーによって保障の制度が異なるので保障の中身をよく読む。

・設置金額が妥当なのか。積雪地域での国の補助金対象は73万円/kW以下のシステムで補助金がもらえます。これ以下の金額だと妥当といえます。もちろん設備が大きくなると割安になります。
...(北海道太陽光発電普及協会)

ここでの重要な情報は、積雪地域での国の補助金は、1キロワット当たり73万円以下のシステムが対象、ということだ。積雪地域での太陽光発電システム設置は、そうでない地域より割高になる。その例が上記中の、無落雪屋根への設置で、一軒当たり30~40万円割高になる、ということだ。

ただ、上記中の3番目の項の「北海道内の業者でないと実際の施工はできない」は、そんなことはあり得ない。業界団体らしい表現ではあるが。。。もちろんどこの業者でも設置工事は可能だ。そうはいっても、雪国対応の設置工事をすること、何かあったときの緊急メンテナンスがすぐ可能であること、を考えると、地元の業者がベストであることは言うまでもない。

もうひとつの役に立つサイトは、太陽光発電システムメーカーの京セラの北海道の補助金制度:太陽光発電だ。北海道の各市町村別の太陽光発電補助金がわかりやすく一覧表になっている。市町村により補助金額は千差万別であることがわかる。「遠軽町住宅用太陽光発電システム設置費補助金」の補助金額70万円は大変すばらしい金額だ。低い方は、1キロワット当たり3万円だ。通常の家庭は3~5キロワットのシステムなので、補助額は3キロワットのシステムでは9万円にしかならない。引っ越して太陽光発電システム設置を検討しているかたは遠軽町に引っ越そう!!


QLOOK ANALYTICS