岩手県の住宅向け新エネルギー補助金に太陽光発電は対象外

岩手県の太陽光発電設置補助金

2010年04月14日(水)

岩手県の話題。毎日新聞サイト岩手版の4月13日記事「省エネ設備:県が補助 15日から受け付け /岩手」から。

(岩手)県は15日から、新エネルギー設備を導入する個人住宅や中小企業を支援する制度の受け付けを始める。前年度より対象設備の種類を増やし、小規模事業所にも手厚くすることで、省エネルギー社会の拡大を促す考えだ。

補助は、太陽光発電やLED照明器具、ペレットストーブ、高効率給湯器などの設備を二つ以上導入することが条件だ。事業所は、発電出力を太陽光で10キロワット未満、風力で500キロワット未満などとし、中小企業や個人事業所を想定した。

住宅の補助額は、設置費の10分の1以内(上限5万円)で予算額2500万円。事業所は住宅と同じ補助率だが上限を100万円とした。住宅500件、事業所50件を見込み、予算額が尽き次第、受け付けを締め切る。県は19日まで各合同庁舎内で説明会を開く。問い合わせは同室(電話019・629・5273)へ。【狩野智彦】(C)毎日新聞

岩手県の太陽光発電設置補助金の話題だ。昨年度の岩手県の太陽光発電設置補助金は、1件について2万円、予算総額1000万円と、大変小規模だった。それが今年度の予算額は2500万円というから2.5倍。県の意気込みが感じられる。

この件に関する岩手県のホームページ「岩手県新エネルギー等導入促進事業」を見た。引用記事と異なる内容ではないか!!

県のホームページによれば、この岩手県新エネルギー等導入促進事業は大きく柱が2つある。ひとつは住宅用補助、もうひとつは事業所用補助だ。その住宅用補助では太陽光発電は補助の対象ではない。次の中から2つ以上を設置する際に、設置費用の10%かつ上限10万円を補助する、という内容だ。

  • 太陽熱利用機器
  • ペレットストーブ
  • 地中熱ヒートポンプ
  • LED照明器具(電球のみを除き複数導入)
  • 高効率給湯器

県がなぜ太陽光発電システムを補助の対象にしなかったのか意図は不明だが、想像するに国の7万円の補助と市町村レベルの補助で充分と考えたか。または、岩手県は太陽光発電に向かないと担当者が考えているのか(そんなことは全然ない)。

なお事業所用補助では、太陽光発電と風力発電も補助対象になっている。

最初に引用した毎日新聞記事を何度読み返しても、住宅用に太陽光発電システムも補助の対象のように読める。しかし県のホームページではそうではない。また引用記事の最後に、”問い合わせは同室(...)へ”とあるが、「同室」とは何か?記事を読んでもどこにも書いていない。県のホームページを見ると、それは「環境生活企画室」であることがわかる。

この記事を書いた毎日新聞の狩野さん、記事は正確に書こうね!!


QLOOK ANALYTICS