広島国際学院高の広場に太陽光パネル設置

広島の高校に設置された太陽光パネル

2010年04月11日(日)

今日は広島の話題。4月7日付の毎日新聞サイト広島版記事「広島国際学院高:老朽化で、校舎間の川に新橋 /広島」から。

広島国際学院高(広島県安芸郡)(海田町蟹原2、太田茂校長)の2、3号館と1号館の間を流れる三迫川に、新しい「ふれあい橋」(全長約20メートル、幅約7メートル)が完成した。60年に架けられた「国際橋」の老朽化が進み、昨年10月から新しい橋の建設を進めていた。名称は「ふれ合いを大切にしたい」と決まった。

橋の四隅には発光ダイオードの照明を設置し、防犯や交通安全対策に配慮。2、3号館側の「国際広場」に太陽光発電パネル(横2メートル、縦1・5メートル)を設けて照明用の電気を発電、環境・省エネにも配慮した。
...(C)毎日新聞

この橋の竣工式は、この高校のホームーページ中の「ふれあい橋竣工式」に詳しい。

設置された太陽光発電パネルは、この画像から判断すると3枚のパネルのようだ。すると、通常は1枚の出力が0.2キロワットだから、3枚なので0.6キロワット、即ち600ワットの出力となる。ただ、設置面積は2メートル×1.5メートルなので、通常の太陽光パネルの面積は1.5平方メートルであることから、通常のパネルなら2枚となるところが実際は画像から3枚と思われるので、小さめの太陽光パネルを使用しているのだろう。ということは出力は600ワットではなく、400ワット程度と可能性が大きい。太陽光発電の出力としては非常に小さいが、広場の目立つ場所に設置されていることから、環境教育には非常に役立つと思われる。


QLOOK ANALYTICS