徳島県 | 燦燦太陽光発電.エコ

カテゴリー:徳島県

太陽光発電と充電装置の「多機能防災システム」

2011年06月06日(月)

今日は徳島の話題。朝日新聞サイトの5月25日記事「電源に早変わり 災害時に本領」から。

普段は夜間照明、災害時には非常用電源――。そんな設備が、あすたむらんど徳島(板野町)、南部防災館(海陽町)、工業技術センター(徳島市雑賀町)の県立3施設に1基ずつ、設置されている。

◆情報表示も/製品化が目標

(徳島)県が三洋電機や徳島大学などと協力して開発を進めている「多機能防災システム」の試作品で、3月に置かれた。この設備は1基につき最大出力63ワットの太陽電池パネル1枚を備え、太陽光発電した電力をリチウムイオン電池に蓄える。昼間はこの電力を使う一方、夜間は商用電源で充電し、LED(発光ダイオード)照明1台、LEDディスプレー1台を発光させる仕組みだ。普段は夜間照明やイベントでの簡易電源に活用し、施設の案内やイベント情報を表示している。

効果を発揮するのが災害などによる停電時で、災害情報を表示したり、携帯電話や充電池を充電する非常用の電源になったりする。あすたむらんど徳島と南部防災館に置かれた設備にはプラグインハイブリッド車の充電用コンセントも備えている。

県新産業戦略課によると、今後、各設備の電力使用量などの検証を行い、製品化を目指すという。課題は費用面で、設置費は3カ所で計約1900万円。用途に合わせて必要のないパーツを外すなどし、経費を抑える工夫が必要という。

同課の田尾幹司課長は「東日本大震災では電力やガソリンが不足し、身動きの取れない被災者が多くいた。災害時の弱点を補うことができるこのシステムを製品化し、全国に広がるように取り組みたい」と話している。(C)朝日新聞

徳島県が三洋電機、徳島大と共同で開発している「多機能防災システム」の主な機能は次のとおりだ。
・日中は太陽光発電によりリチウムイオン電池に充電。
・通常の夜間に商用電源から充電、またLED照明。
・非常時は携帯電話などの充電用。プラグインハイブリッド車の充電用コンセントも使用可。

太陽光パネルは出力63ワットとのことだ。三洋電機に協力してもらっているそうなので、これはHIT太陽電池だろう。大きさは、通常の太陽光パネルの1/4程度と予想する。もしHIT太陽電池ではなく多結晶型なら、通常のサイズの1/3程度だろう。

この装置を県の施設3箇所に設置した。設置費は3箇所で約1900万円。ということは、1箇所約633万円。う~~ん、これは少々高いかもしれない。ただ、これは製品化以前の装置なので、高価なのは当然か。ちょっと驚くのは、引用記事最後に、徳島県がこの装置を製品化して全国販売を計画しているように読めることだ。もしそうなら、かなりコストを抑えないと売れないだろう。このような製品は、リチウムイオン充電機がもっと安くなってから開発したようが良いように思う。

徳島市の太陽光発電設置補助金-2011年度

2011年04月09日(土)

徳島市の太陽光発電設置補助金の話題。毎日新聞サイト4月8日記事「徳島市:太陽光発電促進で補助金募集枠225件に /徳島」から一部を引用する。

徳島市は、太陽光発電システムと省エネ機器を同時に設置した家庭に補助金を交付する事業の募集枠を、昨年度の180件から今年度は225件に増やした。募集枠増に伴い、1件あたりの補助額は昨年度の10万円から8万円に引き下げる。

事業を始めた昨年度は、昨年4月から今年1月まで申請を受け付ける予定だったが、昨年9月半ばには上限に達したため、今年度は枠を増やした。

市内の家庭で、住宅用太陽光発電と省エネ機器(LED照明器具、自然冷媒ヒートポンプ給湯器などから1種以上)を同時に設置するケースが対象。市環境保全課は「停電時にも発電した範囲内で電気が使え、災害時にも役立つ。市民の経済的な負担を減らして太陽光発電の普及を進めたい」としている。

今年度の申請受け付けは12月22日まで。枠が埋まり次第終了。...

ほとんどの地方自治体の太陽光発電設置補助金と同様に、徳島市も今年度は補助件数を増やすかわりに補助金額が減少している。昨年度の180件、10万円が、今年度は225件、8万円となる。掛け算をすればわかるとおり、昨年度と今年度は予算額は同一だ。

補助の条件も少々厳しい。太陽光発電システムを設置するだけでなく、他の省エネ機器の設置も条件だ。徳島市サイトの平成23年度 徳島市住宅のエコ対策支援事業についてによれば、次のとおりだ。

〔補助対象機器〕

・住宅用太陽光発電システム(太陽電池出力:2kW以上10kW未満)

・省エネルギー機器(LED照明器具※、自然冷媒ヒートポンプ給湯器、潜熱回収型給湯器、ガスエンジン給湯器のうち1種類以上)

を同時に設置する場合に限ります。

※ LED照明器具を選ぶ際の注意点

LED照明の場合、設置することで省エネ効果が得られるものが対象です。
光源のみの購入は不可で、必ず、照明器具として設置するものにして下さい。
<補助の対象とならないものの例>
・ LEDランプだけを交換する場合
・ クリップライト、デスクスタンドは設置にあたらないため不可
・ イルミネーションは照明にあたらないため不可
・ 足元灯、常夜灯は省エネ効果が小さいため不可

他の省エネルギー機器としては、LED照明器具・いわゆるエコキュート・省エネタイプのガス給湯器・燃料電池のいずれかを設置しなければならない。エコキュートはこの節電時代にはまったくそぐわないし、燃料電池は高価なので、選択の余地としては、LED照明器具・省エネタイプのガス給湯器のいずれかだろう。ほとんどはLED照明器具を選択するのではないだろうか。ただし上記のとおり、LED照明器具はランプだけではNGで、ちゃんとした照明器具でなければならない。

太陽光発電システムの設置だけで十分にCO2排出抑制効果は得られ、ミニ発電所のように売電まで可能なのだから、他設備設置という付帯条件は付けずに、太陽光発電システム設置のみでの補助金が望ましいと思う。

徳島市の太陽光発電設置補助金

2010年04月01日(木)

毎日新聞サイト徳島版の4月1日記事「徳島市:太陽光発電と省エネ機器、同時設置10万円補助 /徳島」から。

住宅の省エネ化を進めようと徳島市は、太陽光発電と省エネ機器を同時に設置した市民に10万円の補助金を出すことにし、4月1日から申請の受け付けを始める。市は「昨年1月から始まった国の補助制度と併用すれば負担が減り、太陽光発電の普及につながる」と話している。

対象は、住宅用太陽光発電(太陽電池出力2キロワット以上10キロワット未満)と省エネ機器(LED照明器具、自然冷媒ヒートポンプ給湯器などから1種以上)を同時に設置するケース。11年1月末まで受け付けるが、交付予定件数が180件を超えた時点で終了する。

市内に居住していることや、設置後に市が実施するアンケート調査に協力できることなどが要件。...(C)毎日新聞

徳島市の2010年度の太陽光発電設置補助金は、太陽光発電設備と省エネ機器を同時に設置することが要件だ。補助額が1件10万円。受付は今日から来年1月末だが、180件に達した時点で終了とのことだ。ということは、予算額は1800万円だ。

徳島市の住宅エコ対策支援事業補助金によると、太陽光発電と同時に設置して補助の対象になる機器は次のいずれかだ。
(1)LED照明器具
(2)自然冷媒ヒートポンプ給湯器
(3)潜熱回収型給湯器
(4)ガスエンジン給湯器

この中では、LED照明器具が一番安いだろう。ただ条件が書いてあり、光源(つまり電球)としての購入では不可で、照明器具として住宅に設置するものが対象だ。とはいえ、数万円で充分だろう。やはりこれが一番安く済むだろう。

南国の徳島は日照時間が多いので太陽光発電には適した地域だ。その徳島市の太陽光発電設置補助金が条件付で10万円とは、少々少ないように思う。

徳島空港の滑走路が延長

2010年01月17日(日)

最近話題になった空港といえば茨城空港。今年3月に開港予定だが現在決まっている定期便はアシアナ航空のソウル便のみで、国内線は無しという便数の少なさが大きな問題となっている。客数が見込めないため空港のテナント予定業者が辞退した、というニュースもあった。ちなみにこの茨城空港は航空自衛隊百里基地の滑走路に併設される滑走路で運用される空港だ。

今日の本題は茨城空港ではなく徳島空港の話題だ。毎日新聞サイト徳島版1月13日記事「徳島空港:延長滑走路など、4月8日に供用開始 大型機誘致に期待 /徳島」から一部を引用する。

◇滑走路延長し新ターミナルビル

滑走路延長や周辺施設整備が進められていた徳島空港(松茂町)について、国土交通省は12日、滑走路と新ターミナルビルの供用を4月8日に始めると発表。「徳島阿波おどり空港」を愛称に、新しい空の玄関としてリニューアルする。

滑走路延長は、将来の東京路線の旅客需要増などへの対応として01年着工。現在より500メートル長い2500メートルに伸びたことで離発着時の安全性が向上し、大型航空機の就航が可能になる。県は長距離のチャーター便誘致にも期待している。

ターミナルビルは約2キロ東の海側に移設され、周辺地域の騒音低減が図られた。鉄骨鉄筋コンクリート3階建てで、延べ床面積8529平方メートル。看板やイルミネーションにLED(発光ダイオード)を用い、屋根に太陽光発電パネルを備える。3階には出発ロビーや飲食店のほか、一般開放される展望デッキが設けられ、駐機場に入る航空機を間近に見ることができるという。
...(C)毎日新聞

茨城空港とは違って歴史の古い徳島空港の滑走路が延長され新ターミナルビルも建設中で、これらは4月8日に供用開始される、とのことだ。

ターミナルビルは現在より約2キロ海側に移設された。屋根には太陽光発電パネルを装備し、看板やイルミネーションにLEDが使用される。騒音軽減のため移動し、また環境を考えて太陽光発電を導入し、また照明の電気代を節約するためLED照明を導入した、ということだろう。

この滑走路延長で大型航空機の就航が可能になるそうだが、航空会社の経営が厳しいいま、狙い通りに大型機が就航するだろうか。はなはだ疑問に思う。

この徳島空港の徳島空港ビル株式会社の概要ページを見ると、設置管理者は「防衛大臣」となっている。この空港も自衛隊との共用なのだろうか。沿革を見ると、
■1962年(昭和37年) 10月19日  公共用飛行場指定告示
■1967年(昭和42年) 2月15日  徳島空港民航区域完成、新空港オープン
とある。1967年に空港がオープンしたことはわかるが自衛隊の"自"の字も無い。

そこでWikipediaの徳島飛行場を見ると、「海上自衛隊徳島航空基地を併設」とある。そして歴史を見ると、「1941年 - 徳島海軍航空隊として飛行場開設」とあった。先の徳島空港のホームページに書いてある歴史とは全然違う。徳島空港ビル株式会社は海上自衛隊との併設であることを隠したがっているようだ。自衛隊の航空機訓練の騒音等のマイナスイメージを恐れてなのだろうが、沿革にこの事実を書かないことはいかがなものだろうか。


QLOOK ANALYTICS