長崎県 | 燦燦太陽光発電.エコ - 2

カテゴリー:長崎県

太陽光発電の電力だけで9時間航行できる船

2010年03月30日(火)

読売新聞サイト長崎版の3月30日記事「HTB新目玉 ソーラーシップ来月運航」から一部を引用する。

佐世保市のハウステンボス(HTB)などが、国内で初めて太陽光発電で全動力を動かす旅客ソーラーシップ「アルクマール号」を開発し、29日、報道関係者に公開した。4月1日から、運河で営業しているカナルクルーザー(600円)の1隻として使われる。新生HTBの新たな目玉として期待される。

アルクマール号は長さ約14メートル、幅4メートルで、重さ13トン。51人乗りで、通常運航されていたクルーザー12隻の1隻を改造した。屋根の全面に太陽光発電用のパネル(縦約80センチ、幅約40センチ、厚み約3ミリ)を70枚張り、年間3000キロ・ワット・アワーを発電。内部には、蓄電用のリチウム電池が12基あり、2時間充電すれば、9時間は電池のみで運航できる。

環境に優しいエネルギーの普及を進める「長崎次世代エネルギーパーク」事業の一環で、HTBが造船会社などと共同で、2007年度から試験運航などをして、実用化にこぎ着けた。県の助成も含めて総事業費は約5800万円。
...(C)読売新聞

佐世保といえばハウステンボス。そのハウステンボスに太陽光発電だけで全動力を賄うことができる船が登場した。場内の運河で航行しているクルーザーの一隻を改造した、とのこと。船は13トンで51人乗り。その屋根に設置した太陽光発電パネルは、80センチ×40センチを70枚貼った。年間発電量は3000キロワット時、とのことだ。そして発電した電力は12基あるリチウムイオン電池に蓄電し、2時間の充電で9時間もの時間、電池のみで運航できる、とのことだ。

年間発電量が3000キロワット時ということは、出力は3キロワット程度だろう。小規模な住宅用太陽光発電システムと同じ能力だ。太陽光パネルの設置面積は、0.8m×0.4m×70枚 = 22.4平方メートルだ。通常の太陽光発電パネルなら、1.5平方メートルで出力0.2キロワット程度なので、この船に搭載された太陽光発電システムが通常のタイプと仮定すると、22.4平方メートル÷1.5平方メートル×0.2キロワット ≒ 3キロワットとなり、実際の数字と一致する。従って、通常の(恐らくシリコン系の)太陽光パネルが設置されているに違いない。

約3キロワットの出力で2時間充電すると9時間航行できるとは、この船の消費電力はかなり少ないだろう。船を動かすモーターの消費電力も少なく効率の良いことが予想される。

それにしてもこのクルーザー1隻の改造事業費が5800万円と高価なのには驚いた。蓄電池を含め、また推進用モーターの開発・設置にも費用がかかったと思われる。

この船は実証実験的な意味合いが強いと思うが、家庭用太陽光発電システム1軒分と同じ能力で13トン、51人乗りの船が9時間、電池だけで動くとは、実験は大成功だろう。

長崎港の太陽光発電・LED灯台

2009年10月31日(土)

3月の古い話題なのだが私の知らなかったことなので掲載する。長崎新聞3月2日記事「LED灯台で環境にやさしく 長崎港」から。

長崎海上保安部は一日、長崎港入り口の防波堤に新しく設置した長崎港沖防波堤南灯台の除幕、点灯式を現地で実施。工事関係者ら約十人が参加し、灯台の完成を祝った。

この灯台は高さが十メートルで、これまであったものより七百二十メートル沖合側に設置。電源は太陽電池で太陽の光を利用、光源は従来のものより消費電力が少ない発光ダイオード(LED)を使い、環境にやさしいつくりとなっている。

式には灯台の正面にある銘板に灯台名を記した市立伊王島小六年の山口奈々さん(12)と同小五年の山奥麻衣さん(11)の二人も参加。関係者と共に除幕した後、二人で点灯のスイッチを押した。

現在、県内にある三百九十六基の灯台のうち、約六割の二百三十四基が太陽電池とLEDを使用。長崎港沖防波堤南灯台は三日から運用を開始する。 (C)長崎新聞

私は、灯台の電力は軽油等による自家発電とばかり思い込んでいたが、そうではなかった。最近の灯台は、太陽光発電による電力を使用し、光源は通常のものよりかなり消費電力の少ない発光ダイオード(LED)を使用するそうだ。もちろん、太陽の照らない夜に点灯するから、蓄電池を装備していることは当然だ。そして想像だが、海の安全を守る灯台の光が消えては極めて危険なので、蓄電池は多重に装備しているに違いない。

記事によれば、長崎県内の灯台の約6割が、この太陽光発電とLEDタイプになっているそうだ。

それにしても、太陽電池とLEDは「逆」でありそれをこの灯台は組み合わせたのが私にとっては面白い。何が「逆」かというと、太陽電池は光を電気に変える装置であり、LEDは電気を光に変える装置、という点で逆なのだ。私としては、照射された太陽光の何割が最終的にLEDで光に変わるのか、かなり低い数値とは予想するがその効率が興味ある。

ハウステンボスに「植物工場」

2009年10月15日(木)

長崎県の話題。10月6日付の読売新聞サイト記事「ハウステンボスに「植物工場」 人工光で野菜栽培」から。

佐世保市のハウステンボス(HTB)は11月、発光ダイオード(LED)などの人工光を使って野菜を栽培する施設「植物工場」をエリア内に設置する。国の補助を得た事業で、電力は場内の太陽光発電を有効活用する予定。国内外の生徒・児童の修学旅行先として、環境学習の見学コースにすることも計画しており、集客アップにもつなげたい考えだ。

植物工場は、出国エリア内の売店「キッカー」内に設置。面積10・5平方メートル、高さ約2・5メートルで、内部は蛍光灯やLEDで照らす。温度管理や養液培養を行い、サラダ菜、フリルレタス、ハーブなどを栽培。サラダ菜で換算すると、週あたり120株の収穫があり、収穫した野菜を使った試食会も検討している。

経済産業省の「先進的植物工場推進事業費補助金」で実施する。全国19件のうち、九州で2団体、県内では唯一採択された。設置費用などを含めた今年度分約1600万円は国の全額補助で、来年度以降はHTBが月約5万円で運営する。
...
HTBでは3月、新エネルギーへの理解を深める「長崎次世代エネルギーパーク」が完成。場内には10か所の太陽光発電パネルのほか、テーマ館などがあり、HTBは「国内外の修学旅行生にとって、環境問題と食糧問題が同時に学べる希少な場所にしたい」としている。(C)読売新聞

佐世保市にあるテーマパークのハウステンボス(HTB)の話題だ。ハウステンボスは11月に、LEDなどの人工光を使用して野菜を栽培する「植物工場」をハウステンボス内に設置する。その電力は、太陽光発電を使用する、とのことだ。

「植物工場」というから大きな施設かと思ったらそうではない。面積10.5平方メートルというから、約3.2メートル四方に相当する面積。高さは2.5メートル。その中を蛍光灯やLED照明で照らす、という「工場」のようだ。そして温度を管理していわゆる水耕栽培を行うようだ。「サラダ菜で換算すると、週あたり120株の収穫」というから、通常のハウス栽培よりは効率の良い栽培のようだ。

設置費用を含めた今年度の費用1600万円は全額国の補助、には驚いた。なんとなく再建中のハウステンボスの援助のような気がするのは私だけか。


QLOOK ANALYTICS