宮崎県 | 燦燦太陽光発電.エコ

カテゴリー:宮崎県

火山灰からケイ素

2012年02月13日(月)

宮崎日日新聞の2月12日記事「太陽電池の原料シラスから精製」から。

宮崎大工学部の西岡賢祐准教授(半導体工学)の研究室は、九州南部に幅広く堆積する火山灰「シラス」から、高純度のシリカ(SiO2)を精製することに成功した。

シリカは、太陽電池の原料となるシリコン(Si)の元となる物質。精製には、本県で研究が進むSPG(シラス多孔質ガラス)の開発技術を応用。国内メーカーは「シリコンの原料として十分可能性がある」と興味を示しており、100%輸入に頼るシリコンの国内供給に期待が高まっている。

西岡准教授によると、太陽光発電に使用される太陽電池は大部分がシリコンでできており、シリコンはシリカから酸素を除去(還元)することで作成される。太陽電池用のシリカは99・9%以上の高い純度が求められるが、国内ではほとんど採掘されない。シリカの還元には膨大な電力が必要なため、電力が安く還元のコストが安い中国を中心にすべて輸入に頼っている。(C)宮崎日日新聞

太陽電池の原料となるシリコンの元となる物質であるシリカを火山灰から作ってしまう、という宮崎大の研究だ。

九州南部には、火山灰であるシラスが幅広く体積している。これは、桜島や阿蘇山、霧島などの火山活動による火山灰だろう。この火山灰を、宮崎県で研究が進んでいるSPG(シラス多孔質ガラス)という手法で精製する。このSPGについては、「シラス多孔質ガラス(SPG)の応用」ページに詳しく書かれている。

この記事には精製物の画像が掲載されている。この画像の一番左が原料の火山灰であるシラス。一番右が、精製され純度99.9%のSNAPSと称されるシリカ。この引用記事の画像説明には、確かに純度99.9%と書いてあるが、太陽電池を作るにはそれでは純度不足と思う。

Wikipediaのケイ素によれば、

太陽電池グレード (SOG) シリコン
  太陽電池には SEG グレードほどの超高純度は必要なく、7N 程度の純度で済み...

と書いてある。純度"7N"とはセブンナイン、つまり9が7つ、99.99999%の純度の意味だ。しかし上記の火山灰から得られた二酸化珪素の純度は99.9%と、スリーナインだ。ということは、工業化にはこの純度をさらに高める研究が必要だろう。

とはいえ、100%輸入に頼り、主な輸入国の中国の政策(価格高騰、出荷縮小)に振り回される日本としては、このような基礎研究を元に自前で太陽電池原料のケイ素を供給できるようにするべきだろう。ということは、政治はこのような研究にもっと研究費を出すべきと考える。

宮崎県の太陽光発電設置補助金

2011年08月01日(月)

宮崎日日新聞サイトの7月27日記事「きょうから受け付け 県の住宅用太陽光発電補助」から。

(宮崎)県は27日から本年度の住宅用太陽光発電システム補助金の申請受け付けを始める。

補助事業は3年目。2010年度は予算を追加するほど好評だったため、予算額は同年度当初予算を約5千万円上回る約2億166万円(約2300件分)を計上した。県は新エネルギーへ関心が高まる中、太陽光発電の拠点づくりを目指す。

補助は県内の住宅が対象。国の補助金対象で、発光ダイオード(LED)照明器具を1カ所以上設置すること(光源交換だけは対象外)が条件。(C)宮崎日日新聞

宮崎県の太陽光発電設置補助金の受付が7月27日から始まった。予算額は約2億166万円(約2300件分)で、昨年度当初予算より約5千万円上回る金額というから、県の太陽光発電への熱意が伺える。

この補助金についての詳細は、県のホームページ中の平成23年度の住宅用太陽光発電システム補助金についてに書かれている。

この太陽光発電設置補助金の最大の特徴は、太陽光発電システムの設置だけではなくLED照明器具設置が補助金取得のための必要条件ということだ。注意事項として次のように書かれている。

LEDが一体となった照明器具を交換・新設する必要があります。またLED電球を活用する場合は、LED電球を含む一式の照明器具を交換・新設する必要があります。
(LED電球のみの交換は対象となりません。)なお、単にコンセントに差し込んで設置するなど簡単に取り外しができるものや、コンセントと一体化しているなど照明以外の機能を有するものは対象となりません。(C)宮崎県

これって実態にそぐわないのではないか。現在主流のLED照明は、通常のE26,E17口金の電球型LED照明だ。それだけの交換で十分なのに、照明器具そのものを交換しなければならない。これは使える資源を無駄にしていないだろうか。そして照明器具を交換しないと、太陽光発電設置補助金の対象にならないのだ。

補助金額にも特徴がある。補助金額は1キロワットあたり3万円、上限8万円だ。ただし次の上乗せがある。
・宮崎県内で生産された太陽電池モジュールを設置した場合、2万円の上乗せ。
・宮崎県産材を構造材の80%以上使用した新築木造住宅に対象システム等を設置した場合、2万円の上乗せ。
これらは独立しているため、各々がYESの場合は計4万円の上乗せになる。このとき、上限は計12万円になる。この金額なら、県の太陽光発電設置補助金としてはまあまあの数字だろう。

なお、「宮崎県内で生産された太陽電池モジュール」とは具体的にどのメーカーだろうか?このブログの4月19日記事「CIS太陽電池の世界最大級工場」によれば、宮崎県にはソーラーフロンティア社のCIS太陽電池の大規模工場があることから、この会社のCIS太陽電池モジュールのことと思われる。宮崎県は、官主導でソーラーフロンティア社を応援している、ということか。

CIS太陽電池の世界最大級工場

2011年04月19日(火)

このブログの4月11日記事「宮崎の太陽光発電所」で、宮崎県の1000キロワットの大規模太陽光発電所について書いた。そこで使用されている太陽光パネルは、ソーラーフロンティア製のCIS太陽電池であることも書いた。今日の話題は、そのソーラーフロンティアのCIS太陽電池についてだ。朝日新聞サイトの4月19日記事「世界最大級の太陽電池工場、宮崎に 原発事故受け注目」から一部を引用する。

世界最大級となる太陽電池工場が宮崎県国富町に完成し、報道関係者に19日公開された。昭和シェル石油の子会社のソーラーフロンティア(本社東京)が運営しており、福島第一原発の事故が起きてから、太陽電池についての問い合わせが増えているという。

同工場は年間で、住宅用太陽光発電システムの発電量の約30万世帯分に相当する900メガワットの太陽電池を生産できる。2月から生産を始め、7月にもフル稼働する。設備投資額は1千億円で、単独の工場としては世界最大級となる。
...
同工場で製造する太陽電池は、希少金属のインジウムや銅が原料の「CIS型」。現在はシリコンの結晶をガラス基板で挟む形式の太陽電池が主流だが、CIS型の方が日陰の影響を受けにくく、生産コストが安いという。(C)朝日新聞

ソーラーフロンティア社は昭和シェルの子会社だ。CIS太陽電池を製造する大規模工場が宮崎県に完成した。その生産能力は、年に900メガワット。この規模は、太陽電池製造工場としては世界最大級、とのことだ。

CIS太陽電池は、インジウムや銅が原料の太陽電池だ。記事最後にあるとおり、現在はシリコン結晶型の太陽電池が主流だが、CISは生産コストが安いこと、また日陰の影響を受けにくいことから、今後成長が期待される太陽電池だ。

ただ、CISにも若干の問題はある。それは、太陽エネルギーの変換効率がシリコン結晶系には及ばないことだ。これは将来は向上が期待できるようだ。もうひとつの欠点は、原材料のインジウムが希少金属であることだ。このインジウム、例によって現在の主な生産国は中国で、日本は中国から大量のインジウムを輸入している。ということは、中国の出方如何では、少し前に問題になった稀土元素のように、価格急騰や、中国の輸出停止、という悪い状況も考えなければならないのはつらいところだ。

なおWikipediaによれば、2006年まではインジウムの世界最大の鉱山は札幌の豊羽鉱山だったそうな。しかし採算悪化、資源枯渇で採掘停止となってしまったとのこと。大変残念な話である。

宮崎の太陽光発電所

2011年04月11日(月)

知事という職が、売れなくなったタレントや作家の掃き溜め、という位置づけになって久しい。昨日の都知事選、予想どおり石原氏の圧勝だったが、二位の「バカそのまんま東」とダブルスコアにならなかったのは残念だ。「そのまんま」、トップとトリプルスコア以上で三位以下になってもらいたかったのだが、そうはならなかった。若年層の支持があったようだ。もし石原氏が不出馬で震災がなかったら、「そのまんま」の圧勝だっただろうと思うと、背筋が寒くなる。石原氏という極右・人権完全無視の人物の当選は全く好ましくは無いが、比較の問題として「そのまんま」よりはまだマシ。

「そのまんま」という人物が今まで何をやってきたかは、Wikipediaの「現在までの逮捕・犯罪歴」項を見ればわかるとおりだ。暴力行為、そして少女への淫行。淫行では逮捕はされなかったが事実は残っている。こんな男を都知事として投票した169万人の都民が存在するとは信じられない。政策など考えたことの無い、性と権力しか頭に無い、誇大妄想男に100万人以上が投票するとは、日本の政治も終わりだ。

このブログは、太陽光発電に関する地域別話題がテーマだ。なので、記事はカテゴリとして県別になっている。今まで、すべての県を網羅したはずだ。一つの県を除いて。それが宮崎県だ。なぜ宮崎を避けていたか。「そのまんま」を世論調査で9割の県民が支持していた宮崎県民が許せなかったからだ。宮崎県民が「そのまんま」を支持しなければ、都知事などに立候補することはありえなかったはずだ。「そのまんま」のエセ政治家としてのスタートの機会を与えてしまったのが宮崎県民だ。しかし彼らの一部はわかったかもしれない。彼の中央権力奪取への1ステップとして宮崎県民は利用されただけであったことを。

さて、宮崎県初めての話題は、朝日新聞サイト3月25日日刊工業新聞記事「国際航業HD、太陽光を基幹エネに-宮崎・都農町で稼働」だ。一部を引用する。

「太陽と緑の国」をキャッチフレーズに掲げる宮崎県で、大規模太陽光発電所(メガソーラー)が動きだした。国際航業ホールディングスは、都農町の旧リニアモーターカー実験線高架上に出力1000キロワットの「都農第2発電所」を設置した。2010年4月に出力50キロワットで稼働した都農第1発電所に続く施設。両発電所の総事業費は約6億円。

都農第2発電所はソーラーフロンティア(東京都港区)製CIS(銅、インジウム、セレン)化合物型太陽電池パネル1万2520枚を使用。同実験線上約3・6キロメートルに一基当たり48枚、計261基の架台を設置した。年間想定発電量は120万キロワット時で、約300世帯分に相当する。
...

宮崎県の1000キロワット、つまり1メガワットの太陽光発電所の話題だ。旧リニアモーターカー実験線の高架上に太陽光パネルを設置した、ということが特徴だ。もう一つの特徴は、太陽光パネルが通常のシリコン型ではなく、CIS(銅、インジウム、セレン)型太陽電池ということだ。この太陽光パネルを1万2520枚設置した、とのこと。出力は1000キロワットだから、割り算をすると、このCIS型太陽光パネルの1枚当たりの出力は約0.08キロワットとなる。サイズが不明なので何とも言えないが、シリコン結晶型の通常の太陽光パネルの出力0.2キロワットと比べると約4割だ。


QLOOK ANALYTICS