宮城県 | 燦燦太陽光発電.エコ

カテゴリー:宮城県

宮城に続々メガソーラー

2012年02月20日(月)

朝日新聞サイトの2月18日記事「宮城・石巻でメガソーラー計画 国内最大1万キロワット」から一部を引用する。

日立製作所などが、宮城県石巻市の牡鹿半島に大規模太陽光発電所(メガソーラー)を建てる見通しになった。35億円を投じ、国内最大級の1万キロ(10メガ)ワットの出力とする計画で、来夏の稼働を目指す。

東光電気工事(東京都千代田区)と地元の土木建設会社が、事業を担う特別目的会社をすでに立ち上げており、日立も出資を検討している。今夏から始まる自然エネルギーによる電力の「全量買い取り制度」を使い、東北電力に売る。

東日本大震災の被災地では、三井物産も宮城県東松島市にメガソーラーを建てる計画で、復興の後押しになると期待されている。トヨタ自動車も、子会社の工場がある宮城県内陸部の大衡村で10~20メガワットのメガソーラーを建てる。(C)朝日新聞

太陽光発電ビジネスとして、宮城県石巻市に10メガワットものメガソーラーが建設を予定されている。来年夏の稼動だ。東京の電気工事会社と宮城の土木建設会社がこの目的の会社を設立し、日立製作所も出資を検討している、とのことだ。日立製作所はそういえば太陽光パネルは製造していない。発電ビジネスから太陽光関連ビジネスに参入、といったところか。

この出力10メガワットは、日本ではトップの発電規模だ。総費用は35億円なので、割り算をすると、1キロワット当たりの建設費用は35万円だ。大規模なのでこの数字は順当だ。(不思議なもので、自治体がメガソーラーを建設すると1キロワット当たりの設置単価はもっと高くなる。。。)

この他にも、東日本大震災の被災地では続々メガソーラー建設の話題がある。三井物産が松島市に建設予定だが、規模は不明だ。また、トヨタ自動車も宮城県大衡村に10~20メガワットものメガソーラーを建設予定だ。もし20メガワットなら、日本最大となる。

東北地方にはメガソーラーが続々だ。東北地方は雪があるので太陽光発電には向かないと思いがちだがそうではない。以前にもこのブログの記事で書いたが、日照時間は東京よりも多い地域が東北には多数あるのだ。

仙台太陽光発電所

2012年02月06日(月)

環境ビジネスサイトの1月31日記事「東北電力、仙台太陽光発電所の運転開始時期を2012年5月に変更」から一部を引用する。

東北電力は、宮城県宮城郡にあるメガソーラー「仙台太陽光発電所」の運転開始時期について、当初予定の平成24年1月から、平成24年5月に変更することを発表した。

同発電所は、平成23年2月25日、経済産業省に対し電気事業法に基づく工事計画の届出を行い、新設工事を着工。その後、東日本大震災による津波の被害が敷地全体に及んだことから、堆積した土砂や瓦礫を撤去した後、敷地造成工事、基礎工事を進めてきたが、予定通りの運転開始が困難となった。これにより予定を変更し、今年5月の運転開始を目指すことになった。

同発電所の出力は2,000kW。発電電力量は、約210万kWh/年(一般家庭約600世帯分の年間使用電力量に相当)。年間約1,000トン(一般家庭約200世帯分の年間排出量に相当)のCO2削減効果が見込まれている。(C)環境ビジネス

宮城県のメガソーラーの仙台太陽光発電所については、このブログの昨年2011年4月2日記事「八戸市のメガソーラー発電所が着工」中の引用記事部分に含まれていた。それによると、この仙台太陽光発電所は2011年2月25日に着工した、とのことだった。

東北電力サイトの「メガソーラー発電所の概要」ページによれば、この仙台太陽光発電所の運転開始は今年度、と書いてあるが、何月かは書かれてはいない。しかし今日の引用記事によれば、当初の運転開始予定は今年1月だったのが、今年2012年5月に延期された、とのことだ。

運転開始が遅れたのは、もちろん東日本大震災。堆積した土砂や瓦礫の撤去の工事が必要となったためだ。

このメガソーラーは出力は2000キロワット、つまり2メガワット。最近のメガソーラーとしてはそれほど大きな規模ではないがメガソーラーであることには変わりない。年間発電量は約210万キロワット時を見込んでいる。

上記の東北電力サイトのページには、同太陽光発電所のイメージ図が掲載されている。それを見ると、海沿い、それも完全に海に面している。いま東北地方は津波地震であるアウターライズ地震の発生が懸念されているが、このイメージ図では津波よけの防護壁は見当たらない。原発ではないから防護壁がなくても大きな問題は発生しないだろうが、ある程度の壁は必要に思う。

宮城県の太陽光発電

2010年03月27日(土)

そういえばいままで宮城県の話題が無かったので、少々前だが3月15日付けの朝日新聞サイ記事「太陽光パネル使い、発電の仕組み学習 白石第一小 宮城」から。

白石第一小学校の4年生84人が10日、太陽光パネルで発電の仕組みを学んだ。電気についての授業の一環で、児童たちはパネルに触ったりしながら楽しく学んでいた。

 説明役は、白石市の中央公民館で現在、太陽光パネルの設置工事をしているメーカーの担当者。悪天候のため体育館でパネルに人工の光をあてて発電してみせた。

 児童らは「宇宙で太陽光発電はできますか」「太陽光パネルは雷にあたっても大丈夫ですか」など次々と質問。担当者は「人工衛星には太陽光パネルがついていて発電しています」「パネルの近くに避雷針をつけて雷があたらないようにしています」などと答えていた。(C)朝日新聞

宮城県白石(しろいし)市の話題だ。白石市は宮城県南部にある人口3万8千人程度の市だ。その市立小学校で太陽光発電のしくみを学ぶ学習会が開かれた。

説明役はメーカーの担当者で、悪天候のため体育館でパネルに人工の光を当てて発電実験を行ったそうだ。

教育の場に太陽光発電メーカーの担当者、ということが面白い。教育の経験の無い人が小学校で教える、ということは昔は無かった。今はよくあることなのだろうか。

この白石市には太陽光発電設置補助金の制度がある。補助金額は、1キロワット当たり2万円で上限4万円。市町村レベルの補助金額としては少ない。

なお宮城県にも県レベルの太陽光発電設置補助金の制度がある。こちらは1キロワット当たり3万5千円、上限12万5千円と、県レベルの補助金としては多いほうだが、残念ながら募集は中止とか。2010年度は予算を増やすことが期待される。


QLOOK ANALYTICS