三重県 | 燦燦太陽光発電.エコ

カテゴリー:三重県

立体駐車場に設置された太陽光発電

2010年05月12日(水)

今日は三重県四日市市の話題。読売新聞サイト三重版の5月11日記事「エコと防犯意識 立体駐車場整備 四日市の商店街」から。

四日市諏訪商店街振興組合(北川正彦理事長)は10日、地球環境に優しく安全な街づくりをしようと、同市諏訪町で運営する立体駐車場「スワセントラルパーキング」を中心に設けた、太陽光発電パネルや防犯カメラなどの完成式を行った。

経済産業省の「中小商業活力向上事業」の補助金を受けて整備し、事業費は約3500万円。立体駐車場の屋上10台分の駐車スペースに、太陽光パネル90枚を置き、年間発電容量1万キロ・ワット・アワーを見込んでいる。また、駐車場内の照明を、消費電力が少なく、より明るいLED(発光ダイオード)に替えた。

防犯面では、防犯カメラを商店街や駐車場周辺に計19台配置。このうち、立体駐車場の国道1号線に面した壁には6台設け、事故が多い交差点の映像などを記録できるようにした。
...(C)読売新聞

四日市市商店街の立体駐車場整備で太陽光発電設備が設置された。この整備事業は、太陽光発電システム設置の他、LED照明、防犯カメラの設置を行った、とのこと。太陽光発電パネルは立体駐車場の屋上の車10台分スペースに太陽光パネル90枚を設置した。この発電量は年間1万キロワット時、とのことだ。ということはこの太陽光発電システムの出力は、10キロワット弱と予想される。この出力が太陽光パネル90枚ということは、太陽光パネル1枚当たりの出力は 10キロワット÷90枚 ≒ 0.11キロワットとなる。これは通常の太陽光パネルの半分強の出力だ。小さな太陽光パネルか、能力が低く安い薄膜型パネルのためだろう。また、太陽光パネルに傾斜を付けずに水平に設置していることで能力が少し低いのかもしれない。

この整備事業は3500万円もかかったそうだが国の補助金で賄ったようだ。それにしてもさびしいのは、この事業で防犯カメラを19台も設置したことだ。内6台は事故の多い国道沿いに設置、と記事には書いてあるが、主目的は駐車場内の防犯目的録画だろう。犯罪の多い相互不信の社会を作ったのは誰なのだろうか。それは弱肉強食の社会を作った旧政権党とそれを圧倒的に支持した国民なのだ。

四日市市の市庁舎駐輪場に太陽光発電

2010年02月18日(木)

2月17日付の読売新聞サイト三重版記事「四日市市庁舎 駐輪場で太陽光発電」から。

来月からパネル48枚稼働

四日市市は16日、市庁舎の敷地に建設している太陽光発電パネル付き駐輪場を、来月から使い始めると発表した。同市が太陽光発電施設を本格的に導入するのは初めてとなる。

約80台分の駐輪場の屋根に、パネル48枚を張る方式。発電した電力は庁舎内で活用する。市庁舎の年間消費電力は約200万キロ・ワット・アワー(約3700万円)で、パネル71平方メートルでの年間発電量を1万キロ・ワット・アワーと想定すると、うち0・5%が太陽光発電で供給できるが、節約できる電力料金は約18万円。駐輪場脇には、発電量や二酸化炭素削減量などを示すパネルも設置する。事業費計約2200万円は、国からの補助金で賄った。...(C)読売新聞

四日市市の市庁舎駐輪場に太陽光発電システムを設置した話題だ。太陽光パネル48枚とのことなので、一般的な1枚当たり出力0.2キロワットをかけると、出力は9.6キロワットとなる。年間発電量が10000キロワット時と想定されていることから逆算すると、出力は約10キロワットなので、計算は正しいだろう。またパネルの面積は合計71平方メートルとのことなので、48枚で割ると、太陽光パネル1枚の面積は約1.5平方メートルとなるので、これも一般的な太陽光パネルだ。

さて問題はこの太陽光発電システムの設置費用だ。引用記事によると、事業費は2200万円とのことだ。出力をとりあえず10キロワットとすると、1キロワット当たりの設置費用は220万円となる。信じがたい高価なシステムだ。出力10キロワットのシステムなら少々高くても約700万円で可能なはずだ。「発電量や二酸化炭素削減量などを示すパネルも設置」とあるが、そのパネルが、2200万円 - 700万円 = 1500万円もするのだろうか。

そしてこの設置費用2200万円は全額、国からの補助金で賄ったとのことだ。税金による補助金でどこかの業者を儲けさせた、ということはないだろうか。

このブログでも時々指摘しているが、想定される価格より高価な太陽光発電システムが自治体に設置されたのだから市は説明しなければならないし、マスコミ(この場合は読売新聞)はそれを追求しなければならない。

三重県に太陽発電設置補助金は無い

2010年02月14日(日)

三重県の太陽光設置補助金について。調べたところ、県レベルでは太陽光設置補助金は無いようだ。

三重県のホームページ新エネルギービジョンによれば、
「平成22(2010)年度までに、原油換算で31万klに相当する量の新エネルギーを県内に導入します。」
が目標とのこと。その一環として、住宅用太陽光発電 県民相談会が2月13日に開催されたようだ。しかしこの相談会、場所は住宅メーカーの住宅展示場のようで、かつこの相談の事務局は大阪ガスだ。県が一部業者と結託しているイメージを受ける。

また三重県新エネルギービジョンに、三重県が進めている新エネルギービジョンが掲載されているが、このページのどこにも太陽光発電設置補助金についての記述は無い。補助金としては、「環境保全資金融資」と「天然ガス自動車普及促進事業補助金」の2つのリンクがあるが、どちらもリンク切れで当該ページを見ることが出来ない、という情けない状況だ。

上記の新エネルギー導入目標を達成しようと思えば積極的な補助金が必要と思うが、三重県の場合はそうではないようだ。

市町村レベルはもちろん太陽光発電設置補助金はある。津市では、太陽光発電の他に風力発電も補助の対象だ。ただし額は多くはなく、どちらも1件について6万円だ。1キロワットではなく1件当たりの補助金だ。

伊勢市も太陽光発電の設置補助金は1件について6万円。かつ昨年の10月26日で募集停止だ。

松阪市は、市のホームページに検索機能が無いため、補助金について見つけることができなかった。

ということで、三重県は日照の多い県と思うが、県も各市も太陽光発電を積極的に推進する機運は無いようだ。推進するのであれば、それなりの予算措置をしなければならないはずだ。


QLOOK ANALYTICS