福島県 | 燦燦太陽光発電.エコ

カテゴリー:福島県

京セラ工場屋根の太陽光発電

2011年07月15日(金)

今日は福島県の話題。朝日新聞サイトの7月8日記事「節電に新しい太陽光発電/京セラの棚倉工場」から。

節電対策の新太陽光発電システムを採り入れている京セラの福島棚倉工場(棚倉町)で7日、同システムについて地元事業所、報道向けの説明会があった。

同工場棟の屋根に、昨年9月に設置した発電パネル304枚に新たに1526枚を加え、電池容量は194キロワット増えて230キロワットとなり、グループ工場で最大になった。

一般家庭57世帯分の電力量に相当するといい、推定発電量は年間19万5068キロワット時。ピーク時の電力の約8.2%を削減でき、年間86トンの二酸化炭素(CO2)削減効果があるという。
...(C)朝日新聞

京セラ工場の屋根に設置された太陽光パネルの話題だ。場所は福島県棚倉町。地図で調べると、福島原発から南西方向に80Km程度の場所だ。放射能の数値は結構高いと予想される。この工場で働いている人たち、そしてその子供たち、大丈夫だろうか。

この工場には昨年、太陽光パネルが304枚設置されていた。それに1526枚を加えた、とのことだ。出力は、引用記事から計算すると、昨年の段階で36キロワット。今回の増加分は194キロワットだ。

ここで、太陽光パネル1枚当たりの出力を計算してみよう。昨年は304枚で出力36キロワットなので、太陽光パネル1枚当たりの出力は約0.12キロワット。今回の増加分は1526枚で194キロワットなので、1枚当たり約0.13キロワット。ほんの少し、1枚当たりの出力がアップしていることになる。

太陽光パネル1枚の面積は不明だが、もし単結晶シリコン型なら出力は1枚当たり約0.2キロワットなので、この京セラの太陽光パネルはその約6割の能力しかない。恐らく薄膜タイプの太陽電池による太陽光パネルを予想する。

それはともかく、昨年分と合せるとこの工場での太陽光発電出力は計230キロワットとなる。ひとつの工場としてはかなり大きな出力だ。

それから、出力230キロワットあれば、関東地方なら年間発電量は約23万キロワット時程度だが、この工場の年間発電量は約20万キロワット時と、少々少ない。これは、この工場のある福島県棚倉町の日照時間が関東地方よりも少ないことが予想できる。

ちょっとした記事の数字から結構わかることがあるものだ。

工場の大規模な太陽光発電

2010年06月20日(日)

今日は福島県の話題。朝日新聞サイト福島版の6月19日記事「東北一の太陽光発電」から一部を引用する。

●矢吹・レンゴー工場完成

東北最大の太陽光発電を備えた施設が矢吹町に完成し、完工式が18日に開かれた。段ボールメーカーのレンゴー(大阪市)の福島矢吹工場で、昼間に工場で使う電力のすべてを太陽光でまかなえる能力を備えているという。

総発電容量は1535キロワットで、東北電力によると同社のエリア内で最大。年間に生み出せる電力は145万キロワット時で、約400世帯分の使用電力に相当する。地上部分と工場の屋上の計約1万4千平方メートルに、8532枚の発電パネルを設けている。

...太陽光発電設備に8億3千万円を投じており、工場の総投資額は115億円。...(C)朝日新聞

東北地方で最大の太陽光発電施設が完成した。レンゴーの福島県矢吹町の工場だ。出力は1535キロワットというから半端ではない。メガソーラーだ。この電力で昼間の同工場の電力をすべて賄えるというから、大変な能力だ。

太陽光パネルは地上部分と工場の屋根に設置し、設置面積は1万4千平方メートルで太陽光パネル数は8532枚とのことだ。割り算をすると、太陽光パネル1枚の面積は、1万4千平方メートル÷8532枚 ≒ 1.64平方メートルだ。通常の太陽光パネルより若干大きめか。

また、太陽光パネル8532枚で出力1535キロワットだから、太陽光パネル1枚当りの出力は約0.18キロワットとなる。これは通常より若干低い出力だ。サイズは通常より少し広く、出力は通常より少し低めなので、この太陽光パネルはシリコン単結晶ではなく、もうすこし性能は落ちるが価格の安いタイプ、と考えられる。

本当に価格が安いのか検算してみる。この工場ではこの太陽光発電設備に8億3千万円かけたそうで出力は1535キロワットなので、割り算をすると、出力1キロワット当りの設置価格は約54万円となる。確かにこれは安いだろう。

ここでレンゴーのサイトを調べた。太陽光発電のクリーンエネルギーで昼間の電力を全てまかなう エコ段ボール生産拠点 レンゴー福島矢吹工場 営業開始という記事を見つけた。それによると、この太陽光パネルの太陽電池はシャープの多結晶型パネルだ。なるほど、多結晶なら単結晶よりは少し安く少し能力が落ちる。私の予想は当った。

いわき市の2010年度の太陽光発電補助金予算は6倍

2010年03月20日(土)

朝日新聞サイト福島版の3月20日記事「点検!:太陽発電補助6倍」から一部を引用する。

●いわき市 有数の日照時間に着目/2400万円計上

全国有数の日照時間で、「サンシャイン」都市を掲げるいわき市。新年度予算には、住宅用太陽光発電システムの設置補助金として、前年度比6倍の2400万円を盛り込んだ。太陽光の積極利用は、昨秋に初当選した渡辺敬夫市長がマニフェストに掲げた重要政策。新市政のカラーを出し、手厚い予算配分となった。

いわき市は年間日照時間が2058時間で、全国で12番目に長い。太陽光発電の設置に適した地域だ。いわき市民が発電システムを設置する場合、1キロワットあたり2万円の補助金が出る。国の補助金7万円と合わせると、計9万円。予算には300世帯分の補助金を計上している。

市によると、設備導入費は1キロワットあたり約65万円かかる。住宅1軒がつける設備の平均は3.6キロワットのため、導入額が234万円だと32万4千円が補助される。
...
太陽光を巡っては、昨年、大きな変化が続いた。国は休止していたシステム設置費の補助を復活。家庭の余剰電力を電力会社が買い取る際の価格も、昨秋から1キロワット時48円に倍増された。市が2009年度予算で用意した補助金は、昨年6月でキロ募集枠の50世帯分に到達。更に800万円を増額する補正予算も組み、昨年10月までに計179世帯分に補助金を出した。
...
県内ではいわき市以外の自治体も設置費の補助金を出すが、金額はまちまちだ。想定される申請件数や自治体の財政状況に応じて異なり、大熊町は1キロワットあたり8万円の補助金を出す。市町村の出す補助金は、1キロワットあたり1万5千円を上限に県が半額を負担。家庭が受け取る太陽光への補助金は、国、県、市町村の予算編成の影響を受けている。(C)朝日新聞

福島県いわき市は年間日照時間が全国で12番目という日照時間の長さを誇る。これは太陽光発電に適している。昨年秋に初当選した市長はいわき市を「サンシャイン」都市というキャッチフレーズで位置付け、太陽光の積極利用を重点政策としている、とのことだ。その政策を実現するため、2010年度の太陽光設置補助金は前年度比のなんと6倍の予算とする。予算金額は2400万円だ。

予算の前年度比6倍とは英断だが、補助金そのものは高額ではない。補助金額は1キロワットあたり2万円だ。もちろん国の補助金との併用は可能だ。

補助金額はそれほど高額では無いがこの補助金の人気はあるようで、2009年度の補正予算で100軒以上を補助した実績がある。いわき市では太陽光発電システムの平均出力を3.6キロワットを想定している。ということは、市の1件あたりの補助金額は3.6キロワット×2万円= 7万2千円だ。2010年度のこの補助金の予算総額は2400万円なので、2400万円を7万2千円で割ると、約333件の補助を想定していることがわかる。

ちなみに引用記事によれば、福島県内では大熊町が1キロワットあたり8万円という高額の太陽光発電設置補助金を出している。これは全国でもトップクラスの高額補助金だ。大熊町は潤沢な収入源があるのだろうか。

ところでいわき市の話題に戻る。いわき市のホームページを見たところ、別の話題だが市長交際費のページを見つけた。なんと月毎に市長交際費の内訳が公開されているのだ。このように首長の交際費の内訳をホームページで公開している市は全国でも珍しいだろう。これは驚いた。この市長の政治姿勢を高く評価する。

東北電力のメガソーラー

2010年02月27日(土)

今日も昨日に引き続きメガソーラーの話題だ。朝日新聞サイト宮城版の2月26日記事「福島県南相馬市にもメガソーラー/東北電力」から。

東北電力は25日、大規模な太陽光発電所「メガソーラー」を福島県南相馬市に設置すると発表した。面積は2万5千平方メートル。出力は千キロワットで、一般家庭約300世帯分の年間使用量をまかなえるという。2011年度に着工し、13年度の運転開始を予定している。

建設が予定されているのは原町火力発電所の敷地内。平らで広い土地があったことなどから設置を決定した。これにより、推定で年間約500トンの二酸化炭素が削減できるという。

東北のメガソーラーは、宮城県七ケ浜町(仙台太陽光発電所)と青森県八戸市(八戸太陽光発電所)に設置が決まっており、今回で3件目。出力は3カ所で計約4500キロワットとなる。

東北電力では20年度までに1万キロワット程度のメガソーラーを開発する計画を進めており、同日記者会見した高橋宏明社長は「日照条件や経済性に配慮しながら、さらに開発候補地の選定を進めたい」と話した。

電気事業連合会(東京)は20年度までに電力10社で全国に30カ所、計14万キロワットのメガソーラー建設を計画している。 (C)朝日新聞

今回東北電力が設置を発表したメガソーラーは福島県南相馬市の火力発電所内に設置予定。出力は1000キロワットで、来年着工し2013年に完成予定だ。東北電力のプレスリリース記事の原町太陽光発電所の開発計画についてに、その設置予定場所の写真が掲載されている。火力発電所の海寄りの場所だ。こうも海に近いと塩害が大丈夫だろうか。

ちなみに今回のメガソーラーは東北電力にとっては3番目のものだ。先の2つについては、これまでに公表しているメガソーラー発電所の概要のとおりだ。

(1)八戸太陽光発電所
所在地:青森県八戸市
出力:1,500kW

(2)仙台太陽光発電所
所在地:宮城県宮城郡七ヶ浜町
出力:2,000kW

写真によればこれもどちらも海沿いにある。

今回発表されたメガソーラーの規模は先の2つより小さい。これは、写真によれば空いた敷地の面積によるところが大きいように感じる。

なお東北電力は、2020年度、というから10年後までに合計1万キロワットのメガソーラーを設置予定、とのことだ。もちろ他の電力各社も同規模の計画があるようだ。

太陽光発電システム付き住宅の福袋

2010年01月04日(月)

このブログの昨日の記事「エコな福袋」は太陽光発電システムなどの福袋の話題だった。今日は福島県の福袋の話題。12月30日付の毎日新聞サイト福島版記事「福袋:不況時こそ初売り、福袋商戦に商運懸ける--百貨店・スーパー /福島」から一部を引用する。

福島市の中合福島店は創業180周年を記念し、1万8000~1800万円の福袋を用意し、既に予約を受け付けている。1800万円は太陽光発電システムを備えた一戸建て住宅(土地別)で、数十件の問い合わせがあるという。
...
郡山市のうすい百貨店は、例年より1000個多い1万2000個の福袋を用意する。1000円からあり、最も高額な2500万円はやはり新築一戸建てだ。
...(C)毎日新聞

福島市の中合福島店の最高価格の福袋は1800万円。これは太陽光発電システムを備えた一戸建て住宅で、もちろん土地は別だ。この1800万円という数字は同店が180周年であることにちなんだようだ。この福袋戸建住宅がどれほどお得なのかはよくわからない。同店のホームページでもこの福袋については見つけることができなかたった。ただ、上記記事は12月30日のものだがその時点でこの福袋の戸建住宅に数十件の問い合わせがある、というから、かなりお得な価格であることは間違いないようだ。

もうひとつの郡山市のうすい百貨店の最高価格福袋は2500万円の戸建住宅だ。ただこれが太陽光発電付きかどうかは不明だ。同店のホームページでも確認できなかった。

それにしても最近の福袋にこのような極めて高額なものがあることに驚いた。


QLOOK ANALYTICS