福岡県 | 燦燦太陽光発電.エコ

カテゴリー:福岡県

都市ガス会社が太陽光発電ビジネス

2012年03月05日(月)

西日本新聞サイトの3月1日記事「西部ガスがメガソーラー 九州3ヵ所 業界初参入へ」から一部を引用する。

地場都市ガス最大手の西部ガス(福岡市)は29日、メガソーラー(出力千キロワット以上の大規模太陽光発電所)事業に参入すると発表した。北九州市若松区と福岡県大牟田市、長崎市の自社遊休地に4月以降、太陽光パネル設備を同時期に着工、7月1日に運転開始する予定。出力は合計3千キロワット。都市ガス業界で同事業参入を決めたのは全国初で、発電設備の増強や太陽光以外の再生可能エネルギー発電の参入も検討する。
...
出力は北九州市で1500キロワット、大牟田市で千キロワット、長崎市で500キロワット。いずれも西部ガスと同子会社の都市ガス工場敷地内の遊休地に太陽光パネルを置く。一般家庭計800-900世帯をまかなう規模。
...
発電した電気は九州電力に売る。政府は買い取り価格をまだ決めていないが、敷地がいずれも造成済みで送電線も近いため、低コストで事業化できるとみている。

2013年度以降は、他社用地でもメガソーラーを建設。北九州市と長崎市の工場は14年秋以降に廃止・設備縮小を予定しているため、太陽光パネル増強も検討する。

会見した西部ガスの川原道憲取締役は「競争激化で、早くしないと(事業開始が)順番待ちになるため、早期参入を決断した」と語った。同社は都市ガスで熱と電気をつくる設備を販売しているが、本格的な電力事業は行っていなかった。(C)西日本新聞

都市ガス大手の西部ガス(福岡市)が太陽光発電ビジネスに参入した。同社は地場都市ガス会社としては最大手、とのこと。都市ガス業界で太陽光発電ビジネスに参入したのは同社が初めてだ。

西部ガスのメガソーラー建設予定地 (C)西日本新聞

同社の建設するメガソーラーは3箇所で、合計出力は3000キロワット、つまり3メガワットだ。場所は左図のとおりで、北九州市に1500キロワット、大牟田市に1000キロワット、長崎市に500キロワット、となっている。各々の土地は、同社または子会社の工場敷地内のの遊休地だ。

太陽光発電ビジネスでは土地をできるだけ安く取得することが重要だが、この場合は敷地が既に造成済みなので取得・整備費は不要。かつ、送電線も近いためそのコストも安くできるため、全体として低コストで事業化可、との判断だ。なお来年度以降は、さらに太陽光パネルを増強して出力アップをはかるようだ。

このように、太陽光発電とはほとんど無縁だった会社が同発電ビジネスに参入する話題は今後も続くだろう。ただ、引用記事最後にあるとおり、競争は既に激化している模様だ。


道路サービスエリアに太陽光パネル設置

2011年07月04日(月)

西日本新聞サイトの6月30日記事「太陽光パネルを1万平方メートル設置 山田SA 西日本高速道路が発表」から一部を引用する。

西日本高速道路は29日、大分自動車道下り線の山田サービスエリア(SA、福岡県朝倉市)に広さ計1万平方メートル、出力千キロワットの大規模な太陽光発電パネルを設置すると発表した。建て替える店舗棟は、発光ダイオード(LED)照明や高効率空調で消費電力を約3割削減し、電力の“自給自足”を目指す。生ごみ堆肥化などにも取り組み、二酸化炭素(CO2)排出ゼロを目標に全国初の「エコSA」へと生まれ変わらせる。

太陽光パネルは、レストランや売店などが入る店舗棟の屋根に800平方メートル、トイレ棟に300平方メートルを設置。残りは、敷地内の緑地や周囲ののり面に並べる。昼間は余剰電力を電力会社に売却し夜間の電気代を賄う。
...(C)西日本新聞

高速道路に太陽光発電設備を設置する話題はこのブログで数回書いた。2009年12月3日記事「第二京阪道の遮音壁に太陽光発電パネル設置」と、2010年1月21日の「出力2メガワットもの太陽光発電が高速道路に設置」ならびに2011年6月13日記事の「高速道路設置の太陽光パネル」だ。前者は道路の遮音壁への設置で出力は120キロワットと小規模だ。後者は道路の空洞の梁に設置し出力は2000キロワット(2メガワット)と、こちらの規模は大きい。

当ブログの過去記事では上記のとおり道路に太陽光発電設備を設置する話だった。今日の話題はそれと異なり、自動車道路のサービスエリアへの設置だ。

設置場所は、大分自動車道下り線の山田サービスエリア(福岡県朝倉市)。設置面積は1万平方メートルと大変広い。その出力は、1000キロワット、つまり1メガワットだ。この規模はもうメガソーラーだ。今回はこの計画の発表であり、完成イメージ図のとおりだ。

通常の太陽光パネルの面積は1.5平方メートル程度だ。今回のサービスエリアの太陽光パネル設置面積は1万平方メートルで出力が1000キロワットなので、計算すると、使用されている太陽光パネルの出力は通常の1.5平方メートルで0.15キロワットとなる。もし太陽光パネルの太陽電池がシリコン単結晶型なら出力は1枚0.2キロワット程度なので、このサービスエリアで使用されている太陽電池はシリコン単結晶タイプの約7.5割程度、ということになる。おそらく、多結晶シリコンか薄膜タイプと予想できる。

もちろん余剰電力は電力会社へ売電するとのことだ。

太陽光で水を浄化する装置

2011年04月22日(金)

朝日新聞サイトの4月22日記事「公園のお堀にUFO? 太陽光発電の水浄化装置 福岡」から。

福岡市中央区の舞鶴公園の堀に20日、太陽光発電で水を浄化する「ソーラーUFO」が設置された。

直径5メートルの円盤形で水に浮かび、晴れた日は15分おきに内部で濾過(ろか)した水を噴き出す。エネルギー関連事業などを手がけるNTTファシリティーズ(東京)が製作し、環境貢献活動の一環として福岡市に設置を打診した。来年3月まで稼働する予定。(C)朝日新聞

この太陽光発電で水を浄化する「ソーラーUFO」は概観のとおりだ。側面に太陽光パネルが張ってあり、中央から水が噴出する。

なかなかユニークで楽しい装置だ。だがどのような物かは、直径5メートルということ以外、上記情報からはわからない。そこで、この装置を作ったNTTファシリティーズのサイトで調べたところ、ニュースリリース中に「「ソーラーUFO(太陽光発電水浄化システム)」大阪に出現 ~CO2を排出せずに水を浄化~」があった。発表は結構古く、2009年8月19日だ。ここにはこのソーラーUFOの詳細な情報が書かれていた。

直径は上記のとおり5メートルだが、高さは1.6メートルで、重量は3.4トンというからかなり大掛かりだ。そして太陽光発電の出力は、1.3キロワット。思ったより出力は大きい。この電力で、1日当たり約9,000リットルの水を浄化する能力があるそうだ。

水の浄化は濾過機能のようだが、それ以外に、水中に空気を送る曝気機能もある。

水は定期的に噴水となって噴出されるが、それには太陽光パネルの表面をきれいにする、という重要な機能も担っている。

なおこの装置には蓄電池が格納されており、夜間はLEDが点灯して「幻想的な情景を生み出す」とのことだ。

なかなかユニークで発想が豊かな装置と思う。

福岡空港に太陽光発電

2011年03月27日(日)

毎日新聞サイトの3月25日記事「福岡空港:太陽光発電、国際線ターミナルビル設置 来月から本格運用」から。

福岡空港(福岡市博多区)の国際線ターミナルビルに太陽光発電設備が設置され、4月1日から本格運用が始まる。発電量は年間約19万6000キロワット時で、国内の空港では羽田、中部に次ぐ3番目の規模になるという。

九州電力の子会社「キューデン・エコソル」と福岡空港ビルディングの共同事業。同ターミナルの屋根に太陽光パネル1152枚が取り付けられ、ターミナル内のエスカレーター全20基の消費電力を賄えるという。また年間で二酸化炭素約73・3トンを削減できる見通し。事業費は約1億円。

福岡空港に太陽光発電設備が新設された、という話題だ。発電量は年に19万6000キロワット時、とのことなので、約20万キロワット時とすると、この太陽光発電設備の発電能力は約200キロワット、と概算できる。一般家庭50軒分だ。

そして、太陽光パネル枚数は1152枚とのことなので、1枚当たりの発電量は約0.17キロワットとなる。通常は1枚0.2キロワット程度なので、少し(安価だが)能力が低いタイプか、小さな太陽光パネルと予想できる。

事業費は1億円とのことなので、出力1キロワット当たりの費用は、50万円となる。順当な数字だろう。

大川市の太陽光発電設置補助金

2010年06月23日(水)

福岡県大川市の話題。6月22日付の毎日新聞筑後版記事「大川市:太陽光発電設備、費用の一部補助 戸建て住宅対象 /福岡」から一部を引用する。

大川市は来月から、太陽光発電設備を戸建ての住宅に設置する市民に、費用の一部を補助する制度を始める。市によると、国も同様の制度を実施をしているが、重複して補助を受けることができるという。

地球温暖化防止のため、市が今年度から取り組む新規事業で予算は360万円。11年3月末までに、市内の自宅に太陽光発電設備を取り付ける個人が対象となる。

市環境課によると、戸建ての住宅では4キロワットの発電設備が一般的という。補助は1キロワット当たり3万円、上限は12万円。30件程度の補助を予定しており、補助金は設備工事完了後に振り込まれる。...(C)毎日新聞

大川市は福岡県南部に位置する人口約3万8千人の市だ。その大川市が太陽光発電システム設置補助金の制度を始める。

補助金額は、1キロワット当り3万円、上限12万円だ。これは国の補助金と併用可だ。この補助額は市町村レベルでは少ない。そして補助件数は年間30件を予定し、予算額は360万円、とのことだ。これは非常に少ない金額だ。人口4万人弱の市で太陽光発電システム設置補助金の申請が年に30件、とは少なすぎる予想件数だ。一般的には、これでスタートして申込み件数が増えれば補正予算で対応するのかもしれないが。

大川市のサイトの住宅用太陽光発電設備設置費補助事業についてページも見たが、この引用記事を超える情報は無かった。ただ、市のサイトは見やすい。また、トップページのトップバナーがFlash画像で市の名所旧跡の画像を一定間隔で表示していて市の環境がよくわかる。それから、市長の交際費をホームページできちんと公開しているのも好感が持てた。


QLOOK ANALYTICS