秋田県 | 燦燦太陽光発電.エコ

カテゴリー:秋田県

太陽光パネルと鉛蓄電池の電源装置

2011年06月20日(月)

このブログでは震災後、太陽光発電を備えた電源装置の話題が何回かあったが、今日もその話題。秋田魁新報サイトの6月15日記事「非常用の電源装置を開発 トワダソーラー、鉛式で安価に」から一部を引用する。

太陽光発電パネルメーカーのトワダソーラー(鹿角市、湯瀬昇社長)が、家庭や小規模店舗向けの非常用電源装置の製造を始めた。鉛式の蓄電池で、家庭用コンセントや同社のソーラーパネルを通じて充電する。月産200台を目指す。

蓄電容量は1・2キロワット。サイズは幅48センチ、高さ54センチ、奥行き27センチ。重さは50キロ。一般家庭の1日の消費電力の3分の1程度をまかなえるという。零下40度の環境でも作動する寒冷地対応仕様になっている。

今月末から販売代理店向けに出荷。販売価格は明らかにしていないが、一般的なリチウムイオン電池を使った家庭用蓄電池(80万~100万円)に比べて、鉛を使ったことで4~5割程度安くなるとみられる。停電時や消費電力ピーク時の節電などでの使用を想定している。
...(C)秋田魁新報

最初に記事の誤りの指摘から。「蓄電容量は1・2キロワット」ではなく、蓄電容量は「1・2キロワット時」と、単位は'キロワット時'でなければならない。

さてこの電源装置の詳細情報は、メーカーのサイト中のニュースリリースにある。

この製品は太陽光発電と通常の電力会社からの電力の2系統から充電可能だ。その太陽光パネルは、推奨タイプで80ワットの出力、サイズは1,065mm×666mmだ。面積を計算すると、約0.71平方メートルとなる。通常の太陽光パネルの面積は1.5平方メートルなので、もしこの製品のパネルがそれだけの面積があったと仮定すると出力は約0.17キロワットとなる。通常のシリコン単結晶型太陽光パネルの出力は0.2キロワットだから、それよりは少し出力が落ちることになる。ただ上記メーカー資料では、この太陽光パネルは「単結晶」と書いてある。折れ曲げ部分や枠の部分で実際の太陽電池面積は上記計算値より少し少ないからなのかもしれない。

この電源装置は、この手の商品のリチウムイオン蓄電池ではなく、鉛蓄電池だ。価格を安くする戦略といえる。出力は100Vの正弦波なので、モーター系にも使用できる。連続出力は180W、最大出力は300Wと大きな数字ではないので、例えば冷蔵庫は無理だろう。

なおこの鉛蓄電池は米国製の高性能製品のようで、10年間の期待寿命とのことなので、普通の車に搭載するバッテリーよりはかなり高信頼性のようだ。

価格は残念ながらオープン価格とのことで不明だ。上記引用新聞記事によれば、リチウムイオン蓄電池を使った一般的な家庭用電源装置(80万~100万円)より4~5割安いのでは、と観測している。地元の新聞社の記事なので、ほぼ正しい数字だろう。

私としては、もう数十万円高くても良いから500ワットの連続出力が可能な製品もあると良いように思うのだが、いかがなものだろうか。

秋田県の太陽光発電システム補助金

2011年05月20日(金)

秋田県の太陽光発電設置補助金の話題だ。秋田魁新報サイトの5月11日記事「太陽光パネル補助、共同住宅も対象に 高効率給湯器の交換推進」から。

(秋田)県は、個人の住宅が太陽光発電パネルを設置する際に交付している補助金の対象を、共同住宅にも拡大する。また高効率給湯器を導入する家庭に対しては、県独自の「省エネポイント」を付与する制度を継続する。これらの取り組みにより、温室効果ガスの排出削減に一層力を入れる狙いだ。

太陽光パネルへの補助は3年目。本年度、個人住宅には発電機の出力に応じ最大12万円、共同住宅は最大30万円を交付する。秋田市、横手市など10市町村にも独自の補助制度があり、設置者は県分と併せて補助が受けられる。申請期限は12月28日。

ヒートポンプ技術を利用する「エコキュート」、ガス給湯器「エコジョーズ」、石油給湯器「エコフィール」などの高効率給湯器に買い替える世帯には、前年度に続き「あきた省エネポイント」を付与する。新築住宅に設置する場合は対象とならない。申請期限は来年2月29日。(C)秋田魁新報

秋田県の県レベルの太陽光発電設置補助金は、このブログの2009年11月記事秋田の太陽光発電システム補助金によれば、1キロワット当たり6万円、上限24万円だった。それから2年度後の今年度の補助金額は、県のホームページ中の「平成23年度秋田県住宅用太陽光発電システム普及補助金について」によれば、1キロワットあたり3万円、上限12万円だ。補助金は半分に減ってしまったことになる。

ただ引用記事のとおり、今年度は個人住宅のみならず、共同住宅も太陽光発電設置の補助対象となる。その場合は、上限は30万円だ。補助を受けられる基準は、1キロワット当たりの設置単価が60万円以下だ。

もっと詳細な情報の太陽光発電システム普及補助金交付要領によれば、次の工事費用は設置価格から控除される。これらを差し引いた1キロワット当たりの設置単価が60万円以下なら補助の対象となる、ということだ。

項目 控除できる上限額
安全対策工事費 1kWあたり3万円(税抜)
陸屋根防水基礎工事 1kWあたり5万円(税抜)
積雪対策工事 1kWあたり3万円(税抜)
積雪架台嵩上げ工事 1kWあたり2万5千円(税抜)
風荷重対策工事 1kWあたり2万5千円(税抜)
塩害対策工事 1kWあたり1万円(税抜)
幹線増強工事 1件あたり10万円(税抜)

なお秋田県のホームページからリンクされている、雪国らしいページ「屋根設置の太陽エネルギー利用パネルからの落雪に注意」を見つけた。これは国民生活センターのホームページだ。太陽光発電パネルからの落雪で全国で被害が報告されている、とのこと。重大な事故につながる可能性があるという、注意を喚起する内容だ。そして、太陽光パネル表面はガラスですべりやすく割れやすいので雪下ろし時にも注意が必要であることも書かれている。

しかしこれは、ユーザが雪下ろしに注意する、ということでは根本解決にはならない。雪国に最適な太陽光発電パネル、または融雪装置を太陽光発電メーカーは開発すべき、と考える。このブログの2009年12月19日記事「雪国対応の太陽光発電パネル」で書いたとおり、太陽光パネルの上に透明な波板を載せるだけで十分な発電量を確保できているのだ。この方法は雪が自然に滑る落ちるため、太陽光による有効な発電が確保されている。雪下ろしの危険な作業も不要だ。メーカーは本腰を入れて雪国仕様の太陽光発電パネルを開発すべきだ。

秋田の太陽光発電システム補助金

2009年11月10日(火)

秋田県といえば雪国のため日照が全国で最も少ない県だ。しかし太陽光発電は人気があるようだ。

県の補助金は、県レベルとしては多い方。1キロワットあたり6万円、上限24万円の補助金額だ。補助対象経費が1キロワットあたり70万円と、国の補助金と同じ条件だが、雪国らしく積雪対策工事などの経費を控除できるようになっている。それらを控除した設置費用が70万円/Kwであれば良いので、ほとんどの家庭は問題無い。この秋田県の補助金は、今年の8月3日から来年2月26日までの募集だったが、募集を始めて約2ヵ月後の10月19日をもって予算枠を超過したため募集を中止した、とのことだ。このことから、雪国にもかかわらず太陽光発電の人気があることがわかる。

秋田県内の主な市町村の補助金は次のとおりだ。

先ず秋田市。補助金額は、1キロワットあたり4万円、上限16万円だ。市町村レベルとしては普通の補助金額だ。ただ、少し基準は甘く、今年度限定だが、国または県の補助を受けていて使用中システムであっても補助対象、とのことだ。

横手市の補助金額は、1キロワット当たり7万円、上限35万円と、多目の補助金額だ。

秋田郡大潟村は、1キロワット当たり3万円、上限15万円と、少々渋い補助金額だ。

市町村で補助金のあるところは非常に少ない。だから県の補助金に殺到して予算枠超過となったのだろう。ということは、秋田県内の市町村の補助金を増やせば、太陽光発電の導入は進むと予想される。


QLOOK ANALYTICS