2012年1月 | 燦燦太陽光発電.エコ - 2

2012年1月

有機太陽電池の外壁材

2012年01月19日(木)

前回の当ブログの記事「紫キャベツ色素の色素増感型太陽電池」はまだ現時点では珍しい色素増感型太陽電池の話題だった。今日も珍しい太陽電池の一つの有機太陽電池についての話題だ。少々前だが1月2日の読売新聞サイトの1月2日記事「外壁使い太陽光発電 パネル不要、低コスト 三菱ケミカル」から。

三菱ケミカルホールディングスは、太陽光で発電する新型の外壁材を2013年中に発売する。屋根などに設置場所が限られるパネル型と異なり、日当たりがよいマンションなどの壁面として使える。再生可能エネルギーの普及に弾みがつきそうだ。

超高層ビルの壁に使えば、1、2棟程度でも大型の太陽光発電所(メガソーラー)並みの発電能力を得られるという。

新たに開発したのは、現在使われているシリコン半導体の代わりに、石油などから作る有機物の半導体を使う有機太陽電池で、現在のパネル型太陽電池より薄くて軽い。光のエネルギーを電力に変換する効率も約11%で、実用化できる水準に達している。発電能力は1平方メートルあたり80ワット程度で、現在使われている一般的なパネル型(変換効率14~15%)の6~7割程度の発電ができる。

有機太陽電池は重いガラスの基板を使う現在の太陽電池より製造も容易で、生産コストはパネル型の10分の1程度に抑えることもできるという。高層ビルやマンションなどのほか、倉庫や駐車場など、大きなパネル型が置けない小さな屋根としても利用できるほか、地震などの揺れにも強い。将来は電気自動車(EV)のボディーやカーテンなどにも使う計画だ。
...(C)読売新聞

ビルの壁に貼り付けて太陽光発電を行う外壁材が来年2013年に発売される。外壁材として使用するには軽くて薄い太陽電池でなければならない。その目的に適している太陽電池の一つが、有機太陽電池だ。

広義の有機太陽電池には前回話題の色素増感太陽電池も含まれるが、今日話題のものは有機薄膜太陽電池と言われるものだ。この太陽電池については、今回の製造元となる三菱ケミカルホールディングスのサイト有機太陽電池に詳しい。それによると、今回の有機太陽電池は、フィルム基板の上に有機半導体を塗料のように塗布するため、従来タイプの太陽電池に比べ重さは1/10以下と非常に軽く、簡単に曲げられる、という大きな特徴がある。

通常の太陽光パネルはガラス基板を使用するため重い。しかし今日話題の有機太陽電池はフィルム基板で非常に軽いので、通常の太陽電池は重すぎて載せられない屋根にも搭載できるという大きな利点がある。また有機半導体を塗布するだけなので、印刷技術を応用して製造コストを大幅に下げることができる。

また変換効率は11%と、このタイプとしてはかなり高い数値だ。多結晶シリコン型太陽電池の変換効率は20%弱なので、かなり良い線を行っていることになる。

そのような有機太陽電池の外壁材を来年発売する、ということだ。そのイメージ図を見れば、あらゆる壁にこの外壁材を貼り付けて壁面で太陽光発電する概念が理解できる。引用記事によれば、超高層ビルの外壁材にこれを使用すれば、1・2棟でメガソーラー並みの発電量となるというから、その能力の高さには驚かされる。

井戸ポンプ用の太陽光発電システム

2012年01月24日(火)

千葉日報サイトの1月23日記事「停電備え太陽光新システム 夜も井戸水ポンプ稼働可能に 東金の会社が開発」から。

地震など停電時に備えて、東金市東上宿の電気工事・リフォーム会社「エコ・ライフジャパン」(...)は、バッテリーに充電できるハイパワーの太陽光発電システム「太陽光エコライフシステムスカイバンク」を開発し、販売を開始した。
...
従来の太陽光発電システムでは電力が足りずポンプがうまく動かなかったが、新システムは1500ワットが基本(200ワットから最大2千ワットまで)とパワフルで問題なく動かせる。

通常の太陽光発電では余剰電力は電力会社に売電する選択肢しかないが、新システムでは余剰電力をバッテリーに充電することが可能。

価格は130万円から。...(C)千葉日報

防災のために井戸を掘る家庭も多くは無いが存在する。自治体によっては防災井戸の設置を推奨しているところもある。ところがその防災井戸には大きな弱点がある。それは、停電するとポンプが止まるため水を汲み上げることができなくなるのだ。3.11を例にひくまでもなく、大きな災害ほど停電を伴うことが多い。その問題点の解の一つが、太陽光発電とバッテリーへの充電だ。

千葉市東金市のある会社が開発した製品は、太陽光発電の出力が最大2000ワットで、標準が1500ワットとのことなので、電動ポンプのような大電流が必要な機器も問題なく動かすことができる。また日中の太陽光発電時の余剰電力は、バッテリーに充電して夜間に使用することができる設計のようだ。

ただ価格は高い。130万円から、とのことだ。井戸のポンプに特化したこの太陽光発電システムはユニークで有用と思うので、もう少し価格を下げて勝負してもらいたい。

鳥取県日南町の太陽光発電

2012年01月28日(土)

このブログではカテゴリーとして県別に太陽光発電関連ニュースを書いている。記事の多い県・少ない県が出るのはやむを得ない。大新聞で記事にならないと検索できない場合が多いからだ。今日の話題は、いままで1件、大分前の2009年11月2日の「鳥取県の補助金」記事のみの鳥取県の話題だ。

山陰中央新報サイトの1月20日記事「小学校跡地に太陽光発電施設を計画、日南町」から一部を引用する。

鳥取県日南町が、太陽光発電施設を旧小学校敷地に建設する方針を決めた。発電量は年間推定0・5~0・6メガワットで、町内の一般家庭の4%、80~90世帯分の年間消費電力に相当する。大規模太陽光発電所(メガソーラー)の開設に向け、町内への進出を決めた東京都内のベンチャー企業と同じ7月の稼働が目標。...(C)山陰中央新報

鳥取県日南町は県の南西端の島根・広島・岡山県境にある町だ。人口は約5,500人程度。大部こじんまりとした町だ。その町の小学校跡地に太陽光発電設備が建設される。町が建設するとのことだが、これはユニークだ。

この記事は単位がおかしい。”発電量は年間推定0・5~0・6メガワット”とあるが、年間発電量なら単位は「メガワット時」でなくてはならず、その場合、年間発電量が0.5~0.6メガワット時、では発電量が極端に少なすぎる。恐らく、この太陽光発電設備の出力が0.5~0.6メガワット、の意だと思う。

そう仮定すると、年間発電量はだいたい50万キロワット時、つまり500メガワット時と予想できる。そうすると、今度は記事の「80~90世帯分の年間消費電力に相当する」もおかしい。1世帯の年間消費電力は3~4メガワット時といわれているから、中間の3.5メガワット時とすると、仮に計算した年間発電量500メガワット時は143世帯となる。どう計算しても、80~90世帯分にはならない。

と、引用記事中の数字は正確ではなく、一応予想はしてみたがそれが正しい数字かどうかはわからない。

とはいえ、引用記事中の、この太陽光発電設備が町の4%もの電力を賄えるというのは、いくら世帯数の少ない町とはいえ、たいへん素晴らしいことだ。

山梨県の大規模太陽光発電所が完成

2012年01月30日(月)

環境ビジネスサイトの1月30日記事”東京電力、山梨県のメガソーラー「米倉山太陽光発電所」運転開始”から一部を引用する。

東京電力と山梨県は、山梨県甲府市米倉山のメガソーラー発電所「米倉山太陽光発電所」の運転を1月27日に開始したことを発表した。同発電所の最大出力は 10,000kW、年間発電電力量は約1,200万kWh(一般家庭約3,400軒分の年間使用電力量に相当)。...
...
同発電所の運転開始とあわせて開館する山梨県運営のPR施設「ゆめソーラー館やまなし」では、太陽光発電をはじめ、小水力発電、燃料電池等の再生可能エネルギーや次世代エネルギーについて、パネルや映像等により紹介するほか、屋上に設置する太陽光パネル、燃料電池等により施設の電力を供給する実機を展示。太陽光発電等の普及啓発活動の推進に加え、山梨県の環境への取り組みや次世代エネルギーに関する情報を国内外に発信していく。(C)環境ビジネス

東京電力が山梨県に建設していたメガソーラー「米倉山太陽光発電所」が1月27日に運転を開始した、というニュースだ。

この太陽光発電所については、このブログの直近では大分前の2010年5月24日記事「山梨県の大規模太陽光発電所の工期が大幅に短縮」に書いた。その記事によると、このメガソーラーの計画されたのが2009年11月と大分前だ。当初の完成予定は2014年初だったが、県の強い要請により計画を見直し、2012年1月の完成予定となった、という記事だった。

そして予定どおり、この1月末に同メガソーラーは完成した。本日の引用記事によれば、出力は10,000kW、つまり10メガワットなので、当初の計画通りであって変更はない。

この出力の場合、年間発電量を概算すると1000万キロワット時だが、上記引用記事によれば約1200万キロワット時と、通常の概算より200万キロワット時、つまり2割も多い。これは、建設場所である山梨県甲府市の日照時間が長く、太陽光発電に非常に適した土地であることを表している、と言える。

なおこの太陽光発電所の開設に合せ、県運営のPR施設「ゆめソーラー館やまなし」がオープンしたとのこと。同館では太陽光発電を初めとする再生可能エネルギーの紹介や太陽光パネル実機展示などの啓蒙活動を行う、とのことだ。


QLOOK ANALYTICS