2011年4月 | 燦燦太陽光発電.エコ - 2

2011年4月

太陽光パネルに水を流して発電効率アップ

2011年04月07日(木)

少し前の話題だがユニークな技術なので紹介する。読売新聞サイトの2010年12月27日記事「太陽光で発電・給湯同時に…長崎」から一部を引用する。

長崎のメーカー パネル開発

長崎県長崎市の制御機器メーカー「メックシステム」(寒川忠則社長)は、太陽光発電と太陽熱温水が同時にできる集熱パネルを開発した。

パネル内部に水を流し、温度上昇を抑えて発電効率を維持するとともに、温まった水を利用する一挙両得の仕組みで、長崎総合科学大(長崎市)の技術支援を得て実現した。来年度中の販売を目指している。

同社によると、一般的にパネルの表面温度が上がると発電効率は低下する。最も発電効率がいい表面温度は20~22度で、約40度になると10%、60度を超えると最大30%までそれぞれ下がるという。

同大の辻史郎客員教授が数年前、ソーラーカーレースを観戦していた際、チームがピットでソーラーパネルに水を浴びせ、発電効率を上げようとするのを目にしたのがきっかけ。発電と温水を併用出来るシステムを考案した。

同社は約1年前に開発に着手。パネルと表面の強化ガラスの間に冷却層をつくり、そこに水を流すようにした。水漏れ対策が最大の課題だったが、車のテールランプカバーを車体に固定するための接着剤をヒントに、パネル周辺に特殊なシールをはることで解決した。

今年度中に実証実験を行い、2011年度から発売する計画。パネル(縦1・5メートル、横1メートル)は一般家庭用では24枚が必要で、価格は500万円前後を想定している。...

太陽光パネル、特にシリコン結晶型は高温に弱い。この引用記事にもあるが、太陽光パネルの最も変換効率の高い表面温度は20~22度。40度では10%減、60度では30%減となってしまう。真夏の太陽光パネルは60度近いのではないか、と想像する。

そもそも太陽光電池は、太陽エネルギーを電気に変換する変換効率は高くはない。太陽光発電パネルの製品では、せいぜい20数%だ。一方、太陽熱温水器は太陽エネルギーの50%以上を利用できる、とされている。では、これらの技術を合体しよう、という製品が今日の話題の太陽光パネルだ。

これを開発したのは、長崎のメックシステム。同社のホームページを見たがこの話題が掲載されていないのは大変残念だ。企業イメージアップのチャンスなのに。

この新太陽光パネルは、パネルと表面の強化ガラスの間に冷却層をつくりそこに水を流すしくみだ。すると、太陽電池の表面温度は上昇が抑制され、また冷却層を流れた水はお湯となって利用できる、という優れた技術だ。

ただ、価格は少々高い。新太陽光パネルのサイズは1.5m×1mとのことなので、標準のサイズだ。これが24枚で約500万円とのこと。24枚ということは、1枚の出力を0.2kWとすると、合計出力は4.8キロワットとなる。家庭用太陽光発電システムとしては大きな方か。ただ、温水装置が付加されるとはいえ、価格は少々高く、優れた商品だが普及はそれほど進まないのではないだろうか。ライセンスを大メーカーに売ってそのメーカーが大量生産して価格ダウン、がベストな解かもしれない。それはともかく、非常に期待できる商品であることは確かだ。

太陽光パネルと保水セラミックス

2011年04月08日(金)

このブログの昨日の話題太陽光パネルに水を流して発電効率アップは、太陽光パネルの表面温度を下げるためパネル内部に水を流しその温まった水を温水として利用する、という話題だった。今日の話題も、太陽光パネルの温度を下げる話題だ。毎日新聞サイトの3月29日記事「太陽光発電:INAX・大同大、保水セラミックス実験 原発依存軽減へ一翼 /愛知」から一部を引用する。

冷やして効率アップ 原発依存軽減へ一翼担う

INAX(常滑市)は、高い保水性能と蒸発性能を持つ「保水セラミックス」を太陽電池の冷却に利用して、発電効率を向上させる実験を「あいち臨空新エネルギー実証研究エリア」(同市りんくう町)で開始した。原子力発電への依存を減らすことも期待されている。

大同大工学部の佐藤義久教授(電気電子工学)との共同研究。太陽電池は表面温度25度で最も発電効率が高くなるが、日差しの強い夏場は効率が1~2割落ちてしまう。

実験では、水を吸収しやすい毛細管を持つ保水セラミックスを太陽電池パネルの裏側に張り付けて散水。水が蒸発する際の気化熱を利用して太陽電池を冷やす。実験は2年間行い、大規模な太陽光発電所での実用化に結びつけるという。

太陽電池は2050年には、総発電量の1割の1億キロワットを占めると予測されている。佐藤教授は「発電効率を10%上げることで東日本大震災で不安視されている原発への依存を減らすことも期待できる」と話している。
...

常滑市のINAXの「保水セラミックス」を太陽光パネルに利用する。「保水セラミックス」は高い保水性能と蒸発性能を持つが、それは水を吸収しやすい毛細管がその構造中にあるためだ。

原理は、太陽光パネルの裏側にこの「保水セラミックス」を貼り付けて裏を散水すると、水が蒸発するときの気化熱で太陽光パネルの温度が下がる、という原理だ。画像のイメージだ。裏側から散水する必要があるので、陸屋根に太陽光パネルの架台を設置するタイプでないと設置は困難だろう。散水設備も必要なので、恐らくビルの屋根に設置することを想定していると思う。ということは、このシステムは大規模システム向きだ。

このような太陽光パネル表面温度を下げる技術は、今後多岐にわたって開発されるだろう。

徳島市の太陽光発電設置補助金-2011年度

2011年04月09日(土)

徳島市の太陽光発電設置補助金の話題。毎日新聞サイト4月8日記事「徳島市:太陽光発電促進で補助金募集枠225件に /徳島」から一部を引用する。

徳島市は、太陽光発電システムと省エネ機器を同時に設置した家庭に補助金を交付する事業の募集枠を、昨年度の180件から今年度は225件に増やした。募集枠増に伴い、1件あたりの補助額は昨年度の10万円から8万円に引き下げる。

事業を始めた昨年度は、昨年4月から今年1月まで申請を受け付ける予定だったが、昨年9月半ばには上限に達したため、今年度は枠を増やした。

市内の家庭で、住宅用太陽光発電と省エネ機器(LED照明器具、自然冷媒ヒートポンプ給湯器などから1種以上)を同時に設置するケースが対象。市環境保全課は「停電時にも発電した範囲内で電気が使え、災害時にも役立つ。市民の経済的な負担を減らして太陽光発電の普及を進めたい」としている。

今年度の申請受け付けは12月22日まで。枠が埋まり次第終了。...

ほとんどの地方自治体の太陽光発電設置補助金と同様に、徳島市も今年度は補助件数を増やすかわりに補助金額が減少している。昨年度の180件、10万円が、今年度は225件、8万円となる。掛け算をすればわかるとおり、昨年度と今年度は予算額は同一だ。

補助の条件も少々厳しい。太陽光発電システムを設置するだけでなく、他の省エネ機器の設置も条件だ。徳島市サイトの平成23年度 徳島市住宅のエコ対策支援事業についてによれば、次のとおりだ。

〔補助対象機器〕

・住宅用太陽光発電システム(太陽電池出力:2kW以上10kW未満)

・省エネルギー機器(LED照明器具※、自然冷媒ヒートポンプ給湯器、潜熱回収型給湯器、ガスエンジン給湯器のうち1種類以上)

を同時に設置する場合に限ります。

※ LED照明器具を選ぶ際の注意点

LED照明の場合、設置することで省エネ効果が得られるものが対象です。
光源のみの購入は不可で、必ず、照明器具として設置するものにして下さい。
<補助の対象とならないものの例>
・ LEDランプだけを交換する場合
・ クリップライト、デスクスタンドは設置にあたらないため不可
・ イルミネーションは照明にあたらないため不可
・ 足元灯、常夜灯は省エネ効果が小さいため不可

他の省エネルギー機器としては、LED照明器具・いわゆるエコキュート・省エネタイプのガス給湯器・燃料電池のいずれかを設置しなければならない。エコキュートはこの節電時代にはまったくそぐわないし、燃料電池は高価なので、選択の余地としては、LED照明器具・省エネタイプのガス給湯器のいずれかだろう。ほとんどはLED照明器具を選択するのではないだろうか。ただし上記のとおり、LED照明器具はランプだけではNGで、ちゃんとした照明器具でなければならない。

太陽光発電システムの設置だけで十分にCO2排出抑制効果は得られ、ミニ発電所のように売電まで可能なのだから、他設備設置という付帯条件は付けずに、太陽光発電システム設置のみでの補助金が望ましいと思う。

宮崎の太陽光発電所

2011年04月11日(月)

知事という職が、売れなくなったタレントや作家の掃き溜め、という位置づけになって久しい。昨日の都知事選、予想どおり石原氏の圧勝だったが、二位の「バカそのまんま東」とダブルスコアにならなかったのは残念だ。「そのまんま」、トップとトリプルスコア以上で三位以下になってもらいたかったのだが、そうはならなかった。若年層の支持があったようだ。もし石原氏が不出馬で震災がなかったら、「そのまんま」の圧勝だっただろうと思うと、背筋が寒くなる。石原氏という極右・人権完全無視の人物の当選は全く好ましくは無いが、比較の問題として「そのまんま」よりはまだマシ。

「そのまんま」という人物が今まで何をやってきたかは、Wikipediaの「現在までの逮捕・犯罪歴」項を見ればわかるとおりだ。暴力行為、そして少女への淫行。淫行では逮捕はされなかったが事実は残っている。こんな男を都知事として投票した169万人の都民が存在するとは信じられない。政策など考えたことの無い、性と権力しか頭に無い、誇大妄想男に100万人以上が投票するとは、日本の政治も終わりだ。

このブログは、太陽光発電に関する地域別話題がテーマだ。なので、記事はカテゴリとして県別になっている。今まで、すべての県を網羅したはずだ。一つの県を除いて。それが宮崎県だ。なぜ宮崎を避けていたか。「そのまんま」を世論調査で9割の県民が支持していた宮崎県民が許せなかったからだ。宮崎県民が「そのまんま」を支持しなければ、都知事などに立候補することはありえなかったはずだ。「そのまんま」のエセ政治家としてのスタートの機会を与えてしまったのが宮崎県民だ。しかし彼らの一部はわかったかもしれない。彼の中央権力奪取への1ステップとして宮崎県民は利用されただけであったことを。

さて、宮崎県初めての話題は、朝日新聞サイト3月25日日刊工業新聞記事「国際航業HD、太陽光を基幹エネに-宮崎・都農町で稼働」だ。一部を引用する。

「太陽と緑の国」をキャッチフレーズに掲げる宮崎県で、大規模太陽光発電所(メガソーラー)が動きだした。国際航業ホールディングスは、都農町の旧リニアモーターカー実験線高架上に出力1000キロワットの「都農第2発電所」を設置した。2010年4月に出力50キロワットで稼働した都農第1発電所に続く施設。両発電所の総事業費は約6億円。

都農第2発電所はソーラーフロンティア(東京都港区)製CIS(銅、インジウム、セレン)化合物型太陽電池パネル1万2520枚を使用。同実験線上約3・6キロメートルに一基当たり48枚、計261基の架台を設置した。年間想定発電量は120万キロワット時で、約300世帯分に相当する。
...

宮崎県の1000キロワット、つまり1メガワットの太陽光発電所の話題だ。旧リニアモーターカー実験線の高架上に太陽光パネルを設置した、ということが特徴だ。もう一つの特徴は、太陽光パネルが通常のシリコン型ではなく、CIS(銅、インジウム、セレン)型太陽電池ということだ。この太陽光パネルを1万2520枚設置した、とのこと。出力は1000キロワットだから、割り算をすると、このCIS型太陽光パネルの1枚当たりの出力は約0.08キロワットとなる。サイズが不明なので何とも言えないが、シリコン結晶型の通常の太陽光パネルの出力0.2キロワットと比べると約4割だ。

佐賀県の太陽光発電設置補助金(2011年度)

2011年04月12日(火)

佐賀新聞サイトの4月9日記事「太陽光発電補助 申請受け付けスタート」から。

(佐賀)県が進める住宅用太陽光発電導入促進事業の本年度分の補助金申請受け付けが始まった。新規設置時に最大10万円を補助する。これまで条件にしていた省エネ設備併設を外し、太陽光発電単独の設置についても補助対象にしている。

補助は最大出力1キロワット当たり2万5千円で、限度額は10万円。本年度は計3千件、総額3億円を計画する。4月以降に太陽光発電を新設することや、県内事業者から購入することなどが条件となる。

前年度までは、LED照明などを併設することが補助の条件だったが、太陽光発電の設置だけを対象とし、補助限度額は30万円から10万円に引き下げた。...

佐賀県の太陽光発電設置補助金については、このブログの昨年2010年1月10日記事佐賀県の太陽光発電設置補助金で書いた。上記記事のとおり、前年度は太陽光発電設備だけではなく他のエコ製品の設置も条件だったが、今年度は太陽光発電システムの設置のみで補助金を受けられるようになった。

今年度の詳細情報は、佐賀県のホームページ中の平成23年度佐賀県住宅用太陽光発電導入促進事業補助金の受付を開始しましたのとおりだ。

補助金額は、太陽光発電出力1kW当たり2.5万円で、上限は10万円だ。昨年の上限は30万円だったが他設備の設置が条件だったため、同一比較はできない。ただ、県レベルの太陽光発電設置補助金としては、まあまあの金額と言えよう。

上記引用記事では、県のこの事業予算は今年度3億円とのこと。3千件の補助金利用を見込んでいるようだ。先のブログ記事では、3年計画で総額3億円、とあったので、双方の引用記事に誤りがなければ、今年度の予算が増額された、ということだろう。佐賀県は太陽光発電の普及に積極的、ということができる。


QLOOK ANALYTICS